シミを消すための食べ物は?シミの原因別に効果的な食べ物をご紹介


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

シミを消したい!そんなとき、シミ対策としてどんな食べ物が良いのでしょうか?シミを消すためには、外側からのケアと同時に、内側からの対策も必要です。

できてしまったシミには、カラダの内側からたっぷり栄養を与え、肌のターンオーバーを活性化させることで、より早い美肌への改善をすすめましょう。

シミに効く食べ物には、どんなものがあるのでしょう?

シミといっても、シミができた原因が違う場合がありますね。原因に合わせて栄養素を摂取することがポイントです。あなたのシミの原因はなにか、そこをさぐりながら栄養素を含む食べ物をみていきましょう。

 

紫外線によってできてしまったシミにはビタミンCを多く含む食べ物

スクリーンショット 2016-01-08 17.39.21

肌には、紫外線を浴びると、メラニン色素を生成し、肌を守る働きがあります。しかし、このメラニン色素というのが、シミの原因となります。メラニン色素の生成を抑えるには、ビタミンCが効果的です。ビタミンCを多く含む食べ物は、くだもの、緑黄野菜、レモン、いちご、キウイパプリカ、菜の花、ブロッコリー、いちご、サヤエンドウ、トマトなどです。たとえば、柿は一つ食べるだけで1日分のビタミンCを補給できます。

 

新陳代謝を促進し、ターンオーバーを促進するにはビタミンAが有効

shutterstock_101720998

ビタミンAは、肌の新陳代謝を活性化する効果があります。シミは、メラニン色素が含まれる細胞が層状に重なっている状態のことをいいます。この層状になっているメラニン色素の細胞がはがれやすくなれば、シミは減少していきます。細胞をはがれやすくするためには、ビタミンAを多くとって、肌の新陳代謝を活性化しましょう。ビタミンAを多く含む食材は、うなぎ、モロヘイヤ、人参、鶏レバー、かぼちゃ、ほうれんそう、にら、などです。

 

エイジングケアとして取りたい食品は、β-カロチン豊富な抗酸化食品

shutterstock_159087608

年齢を重ねていく課程で、カラダの酸化によってできてしまうシミをできるだけ抑えるには、抗酸化作用があることがポイントです。抗酸化物質が多い食べ物としては、 β-カロチンを豊富にふくむニンジンやカボチャ、青菜など緑黄野菜です。ポリフェノールを含む、グレープシードオイル、ブルーベリー、ココアなども効果的です。

 

女性ホルモンのくずれによるシミ対策はバランスを整えてくれる栄養素

shutterstock_187030769

豆腐、豆乳、納豆、ナッツ類ではアーモンドが効果的です。豆類に含まれ得るイソフラボンは、女性ホルモンのバランスを整え、肌の再生を促し、シミができにくい肌にしてくれます。

 

ストレス・自律神経の乱れが原因のシミはビタミンB12を豊富に含むもの

shutterstock_223949194

自律神経の乱れには、ビタミンB12が効果的です。シミを作る原因の一つとして、ストレスによる自律神経の乱れがあります。自律神経は体内のホルモン分泌と関係していて、自律神経が乱れると肌の新陳代謝が悪くなり、シミができやすい体質になります。ビタミンB12は自律神経を整える効果があり、シミ対策に効果的です。あさり、しじみ、サンマ、牡蠣(カキ)、特に貝類に多く含まれています。

 

忙しい方にはサプリメントがおすすめ

shutterstock_65989705

バランス良い食事を心がけて、シミに効く食べ物を心がけて食べてはいても、効果には限界があります。そして、忙しい毎日なかなか継続や習慣化ができない時は、補助的に、サプリメントもうまく活用するといいかもしれませんね。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

シミウスの効果と口コミ

シミウスの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る