日焼け止めって効果あるの?効果的な日焼け止めの塗り方


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

日焼け止めをこまめに塗っていたのに家に帰ると焼けてしまっていた人や、日焼け止めに何を選んだら良いのか分からない人など、日焼け対策に悩まされている方が多いようです。
そこで、日焼けの仕組みや日焼け止めの数値・記号の意味、効果的な日焼け止めの塗り方や注意点などについてご紹介します。

 

■まずは日焼けの仕組みから

日焼け

日焼けには、サンタンニングとサンバーンの2種類があります。
サンタンニングは肌が小麦色に焼けた状態で、サンバーンは肌がヤケドして炎症を起こした状態のことを指します。つまり海などに行ったときに、紫外線を浴びて顔や背中がヒリヒリするのはサンバーン、数日後に肌が黒くなってしまうのはサンタンニングということになります。
日に焼けると肌が黒くなるのは、光の中の紫外線が大量に体に当たり、体の表面にメラニンの粒がたくさん増えるため。メラニンは皮膚の中にある、サングラスのように太陽の光を遮る役目をする黒い色の粒のことです。紫外線に当たると、この粒が大量に増えて皮膚が黒くなるわけです。
また皮が剥けてしまうのは、太陽の熱が体に当たって皮膚の細胞を乾かしてしまうため。これによって皮膚の中の細胞が死んでしまうので、皮が剥がれてしまうというわけです。
つまり、皮膚の色が黒くなることと皮が剥けてしまうのは関係がないんです。

 

■紫外線の種類と日焼けの関係は?

紫外線

このように日焼けの原因は紫外線にあることがわかりました。実はその紫外線には、UVAとUVBの2種類があります。
UVAは皮膚の真皮層に作用して破壊し、皮膚の弾性を失わせ老化を促進します。またメラニン色素の生成を促し、皮膚を浅黒く変色させます。
UVBは皮膚の表皮層に作用して炎症反応を起こし、皮膚を赤くさせます。ひどい場合には発熱や水泡、痛みを引き起こします。
端的に言えば、サンタンニングを引き起こす方がUVAで、サンバーンを引き起こす方がUVBということです。ちなみにUVAはUVBと比べて大気中での減衰が少なく、UVBの減少する冬期や朝夕でもあまり減衰せず、比較的多く降り注いでいます。
また日焼けサロンで照射されるのはUVAです。(日焼けサロンで日焼けするのは、言い換えてみると皮膚の老化を加速させていることになります。)

 

■日焼け止めの種類と数値・記号の意味

SPF

これらの紫外線の効果を防ぐ目安を示しているのが、日焼け止めに書かれている「PA」と「SPF」です。

「SPF」は「Sun Protection Factor」の略で、肌への延焼の原因となるUVBを防御する効果の目安を表していて、数字が高いほどUVBを防止する力があるということになります。肌が赤くなってしまう紫外線の量を、日焼け止めを塗ったときには何倍の紫外線まで耐えられるか、というのがSPFの数値の意味となります。たとえば、紫外線を20分浴びると肌が赤くなってしまう人が、SPF10の日焼け止めを塗った場合、10倍の紫外線を20分浴びてようやく赤くなるということです。厳密に言えば、20分の10倍の時間(200分)の紫外線にまで耐えられるという意味ではありません。ただしあくまでもサンバーンを引き起こすUVBを防ぐ効果ですから、肌が黒くなることには関係していません。

一方「PA」は「Protection Grade of UVA」の略で、皮膚を浅黒くさせるUVAを防御する指数のことです。PAは+(効果がある)、++(効果がかなりある)、+++(効果が非常にある)、++++(効果が極めて高い)の4段階で表記されます。PAがSPFと異なり数値で表記されないのは、UVAのブロック率を評価する良い分析法が存在しないことと、効果が実感しづらく数値化することが難しいためです。

 

■効果的な日焼け止めの塗り方

日焼け止め

いよいよこれまでの内容を踏まえて、効果的な日焼け止めの塗り方をご紹介します。

1.最適な日焼け止めの量はどのぐらい?

日焼け止めを効果的に塗るための最適な量は500円玉大が目安です。日焼け止めの適量は1平方センチ当たり2mg。この量をつけて初めて日焼け止めのSPF値・PA値が表示通りの効果を発揮するとされています。顔全体で言えば約0.8グラムが日焼け止めの効果的な適量となりますが、これがまさに500円玉の大きさと同じくらいの量になるんです。
またこの量を一度に塗るのは難しいため、半分の量を2回に分けて重ね塗りしましょう。日焼け止めは使用量が少ないとムラになりやすいため、効果が半減してしまうのでご注意ください!

2.日焼け止めを塗るときの順番は?

日焼け止めを塗るのは、スキンケアの後、ベースメイクの前です。
先にスキンケアの段階で化粧水・美容液で肌を整え、保湿をしっかりと行って肌の土台をつくりましょう。

3.日焼け止めを塗るときのポイントや注意点は?

細かいようですがポイントや注意点がいくつかありますので、参考にしてみてください。

①顔の隅々まで丁寧に塗る。
顔から首にかけてまんべんなく塗り、その後日焼けしやすい額や鼻、頬の高い部分などに重ね塗りします。

②肌にムラなく伸ばす。
一度に塗るよりも少ない量を重ね塗りした方がムラになりにくく、塗りすぎも防げます。

③2~3時間ごとに塗り直す。
日焼け止めは皮脂や汗、何かに触れることによって落ちてしまいますので、2~3時間ごとに塗り直すようにしましょう。ちなみにSPFが大きいものを一回塗るより、SPFが小さいものでもこまめに塗り直す方が効果的です。

④必ず単体で使用する。
ファンデーションや化粧下地に混ぜたりしてしまうと、本来の効果を得ることができなくなってしまいますので注意しましょう。

⑤化粧下地・ファンデーションを重ねる。
逆に日焼け止めの上に化粧下地やファンデーションを重ねると、より効果的に紫外線を防げます。ファンデーションのつきを良くするために、日焼け止め→化粧下地→ファンデーションの順で塗ると良いでしょう。

⑥塗り忘れに注意する。
当たり前のようですが、日焼け止めは肌が露出している部分全てに塗る必要があります。服装によっては肌が露出している部位が異なりますので塗り忘れのないようにしましょう。塗り忘れが多い箇所は、耳・首の後ろ・足の甲などです。気づかないうちに日焼けしていた・・・なんてことにならないご注意ください。

⑦日焼け止めを使用した後のケアを忘れない。
1日の終わりには日焼け止めを綺麗に落とすことが大切です。肌に日焼け止めが残っていると、肌のトラブルの原因になるので注意してください。また日焼け止めの中には専用のクレンジング剤が必要なものがありますので、使う前に確認するようにしてください。

 

■日常生活での日焼け止めの塗り方

日常生活
あくまでも目安ですが、普段使いや屋内で過ごすことが多い方はPA++、SPF15~25程度、外出が多い方はPA+++、SPF30程度がお勧めです。
また日焼け止めを朝しっかりと塗っても、その上にメイクをしてしまうと塗り直しをしない方が多いと思います。確かにメイクを落として日焼け止めを塗り直すのは大変・・・。そんなときはアイメイク以外の部分を化粧水で拭き取り、保湿をして肌を整えてから日焼け止めを塗り直し、化粧下地、ファンデーションを塗れば、それほど時間はかからないと思います。ぜひ一度お試しください。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

シミウスの効果と口コミ

シミウスの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る