目元の美白、美容液でカバーするならこの3つ


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

目元というのは頬の皮膚と比べると1/3ほどの薄い皮膚に覆われている部分です。しかも常にマブタを動かしている状態なので、たるみやシワになりやすい部分でもあるのですね。そんな繊細でありながらアクティブな一面もあるパーツなのに、ターンオーバーの機能が遅いため、寝不足や疲れなどがたまると目の周りにくすみやクマがあらわれてしまいがちなんです・・・困ったものです。

なので、目元はマッサージや美容液が必要な箇所で、手間をかけた分の効果もあらわれやすい部分だとも言えます。

◆疲れや季節の変わり目に敏感

季節の変わり目って、肌が荒れ気味だったり乾燥しやすかったりしますよね。そしてまた目元というのは皮脂腺が少ないために、そういったことに敏感に反応してしまうので、乾燥してシワが急に目立ったり、1日の中で疲れもたまってくるような夕方なんて、くすみも出やすくなったりするのです。そんなときにこそ目元に美容液を使ってあげるといいと思います。

◆メイクオフでウッカリやっていませんか?

しっかりとポイントメイクをした日、メイクオフする時になかなか落ちなくてウッカリこすりすぎてはいませんか?わかってはいるけれどやってしまうこのウッカリ・・・これは目元にシミやシワを作りやすくする原因となるので注意しましょう。目元がクマになりやすい方も、目元に力が入りすぎていたり皮膚に負担がかかっているサインでもあるので要注意です。

◆目元くっきり!リンパマッサージ

shutterstock_47716729

美容液と併用して毎日5分くらいで行える目元のリンパマッサージをご紹介します。血行が良くなると目元のむくみも改善されてパッチリお目めに近づくと思います。(余裕があれば、マッサージの前に予め蒸しタオルを目元に置いて2-3分あたためておきましょう)

  1. はじめに、こめかみ部分を円を描きながら優しくほぐすようにして10回くらいクルクルとまわします。
  2. さらに、指をチョキのカタチにして眉をチョキで挟むようにして揉みほぐしていきます。眉頭から眉尻に向かってモミモミ、こめかみまでがゴールになります。
  3. 次に、親指の腹を上に向けるようにして眉下のアイホール部分に3秒くらい指の腹で押しあてながら、鼻筋付近からこめかみにかけてマッサージ。これを5回繰り返します。
  4. 仕上げに、人さし指・中指を使って目の下(涙袋の真下)目頭から目尻に向かって指で優しく押し上げるようにマッサージ。

以上が、5-6分でできるカンタンな目元のリンパマッサージです。皮脂腺の負担やたるみ軽減のためにも、お気に入りのマッサージオイルを使ってマッサージすることをおすすめします。

◆目元に美白を促す3つのおすすめ美容液

目元の3大お悩みは、①シミやクマなどのくすみ、②シワやたるみ、③むくみ・・・といったところでしょうか。これらのお悩みを緩和するためにも、保質&美白を充分に促してくれそうな美容液を3つご紹介します。

【オラクル アイ・フォーミュラ】

2000813_main

国産オーガニックコスメブランドのオラクル。植物と人との共存性における相互のエネルギー作用に着目。ナチュラルな天然ローズの香りにほんのり包まれながら塗るクリームは、薄付きで1プッシュでも伸びがよさそうな使用感。目元のアンチエイジング効果や保湿に心強く働きかけてくれる美容液です。

【アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートアイ】

cosmeland-hyper_259517

皮膚科医自ら開発のもと生まれたアンプレール。新安定型ハイドロキノンなどの美白成分を配合。年齢や疲れなどでくすみがちな目元の奥深くに働きかけ、潤いと若々しい目元を促します。

【アルージェ モイスチャーミストローションⅡ】

image-index005-01

敏感肌に悩む女性のために作られたスキンケアブランドのアルージェ。急に肌が突っぱって乾燥したような時や、目の疲れによるたるみやむくみなどを感じた時など、低刺激性のミストタイプなのでお化粧の上から気軽にうるおいを補給できます。

いかがでしたでしょうか?目元以外に さまざまな美容液をお持ちの方であれば、付ける順番としては化粧水 → 美容液 → 乳液 → 保湿クリームの流れでOKですが、この流れの”美容液”の時に、複数使われている方は使用感の軽いものから順につけるようにすると、肌馴染みも良いと思います。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

シミウスの効果と口コミ

シミウスの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る