紫外線対策はいつからすればいいの?その理由と手軽な対策4選


→ 【必見】頑固なくすみを消した裏ワザ♪

夏へのカウントダウンが始まると、気になってくるのが紫外線対策です。しかし、一言で紫外線対策と言っても、いつから本格的に対策を始めればよいのか、どんな風にしたら良いのかは分かりにくいですよね。まだ大丈夫、とたかをくくっていたら、気が付いたころには日焼けしてた…なんて悲しいことにならないよう、今回は紫外線対策はいつからするのがお勧めかを解説していきますね。

 

■紫外線対策は365日必要?!

紫外線対策

まず、紫外線対策が必要なのはいつからかと聞かれれば、紫外線は春化秋冬問わず私たちに降りかかっているものですから、答えは365日必要と言わざるを得ません。しかし、その中でも特に気を付けて対策を強化していきたいのは、例年、紫外線量が徐々に増え始める4~5月ごろからと言われています。暑い夏の方が紫外線が多そうなイメージですが、紫外線の量を決めるのは雲の多さと太陽の角度なので、実は、4月~5月の紫外線量は、真夏の7~8月の紫外線量に比べ多いというデータがあるんですよ。

 

■紫外線が気になり始めたころの対策は?

日傘

紫外線が気になり始めた春ごろに簡単でおすすめな対策を4つ、ご紹介しますね。

1.帽子をかぶる

帽子は手軽に持ち運べ、ファッションアイテムとしても取り入れやすいので、気を張らずに紫外線対策を始めることが出来ます。ただ、手軽な分紫外線をカットできるのは、つばにかくれる部分のみというデメリットもあることを忘れてはいけません。

2.日傘をさす

日傘は今やどこでも見かける紫外線対策アイテムの筆頭とも言えますね。日傘は体全体をカバーできる、お肌への負担が最も少ない紫外線対策です。日傘をさすことで、暑さも軽減できますので、春から夏本番までずっと活躍する相棒です。

3.UVカットのカーディガンなどの服を着用する

最近ではファストファッションのブランドなどでも、UVカットできるカーディガンやニットアイテムが増えてきています。デザインも、着回ししやすく、お値段も手に取りやすいものがたくさん出回っているので、荷物を増やしたくない、でもカラダの紫外線はカットしたい!という方にはとってもおすすめですよ。

4.日焼け止めクリームを塗る

やはりなんといっても、定番中の定番、日焼け止めクリーム(パウダーやスプレータイプでもいいですよ)を塗ることは、強力な紫外線対策になります。もちろん、予防効果が持続しやすいのはスプレーよりもクリームタイプの方が多い傾向にありますが、紫外線対策を始める頃には、簡単なスプレータイプでシュッシュッとするだけでも全然違いますよ。

 

夏本番の前の、やっと暖かくなってきたかな?という季節から紫外線対策をするのは意外だったのではないでしょうか?今回はとってもお手軽な方法をご紹介しましたが、紫外線対策のカギは「継続」ですので、無理なく日々の対策をして、美白をキープしましょうね。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうくすみで悩む必要はありません!

コンシダーマルの効果と口コミ

コンシダーマルの効果を口コミから検証!果たしてくすみは消えるのか!?

ページ上部へ戻る