日焼け止めはお肌に負担?日焼け止めを使う際の注意とは


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

今時は、紫外線対策として毎日日焼け止めを塗っている方も少なくないですよね。しかし、毎日塗るとなると、やはり気になるのはお肌への負担です。一般的に、日焼け止めは紫外線を強力にブロックする役割がありますので、お肌にはいいイメージはありません。そこで、今回は日焼け止めがお肌の負担になる理由と、日焼け止めを使用する際の注意について解説いたしますね。

 

■日焼け止めはお肌への負担になるの?
日焼け止め

はじめに結論をお伝えしますと、日焼け止めは使用方法によってはお肌への大きな負担となる可能性があります。特に、最近よく見かけるのが、SPF50、PA+++といった強力に紫外線をブロックする日焼け止めを日常的に使用している方です。
簡単に説明しますと、SPFは「細胞を傷つけるUVB波をどれだけの時間ブロックできるか」で、PAは「シミ、しわの原因となるUVA波からお肌を守る効果レベル」を表していますので、必要以上にSPFが大きいものを選ぶことは、かえってお肌への負担を増やしているだけという事になってしまいます。

 

■SPFが大きい日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤

日焼け止め,負担

日焼け止めの主成分としては、大きく分けて「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」があります。後者は紫外線を跳ね返すものですが、前者は特にSPFが大きい日焼け止めに配合されていることが多く、紫外線を吸収・反応して、熱エネルギーに変換し、放出するという効果があります。
皮膚の上で何度も化学反応が起こり、熱エネルギーが生じることは、紫外線をただ跳ね返すよりもお肌への負担になりやすいので、日常的に日焼け止めを使用する方は気を付けたい成分ですね。

 

■日焼け止めを使用するとき、お肌への負担を軽減するには?

お肌,負担
お肌への負担を軽減したい場合に気を付けることは、以下の通りです。

 

1.生活の上で必要最低限のブロック効果をもつ日焼け止めを選ぶ

1時間程度の町中を歩く紫外線対策として、スキーやカンカン照りの中ビーチで長時間過ごす際に使用するSPF50の日焼け止めは必要ありませんよね。日常生活レベルであれば、SPF10~20で十分と言われています。まずはTPOに合わせて、お肌の負担の少ない日焼け止めを使用することが大切です。

 

2.日焼け止めを使用した後は、お肌のケアを

いくら気を付けると言っても、やはり日焼け止めを使用しないというのは辛いものです。もし、日焼け止めを毎日使うような場合は、ぜひ日焼け止めを落とす際に優しく洗い、しっかりと化粧水や乳液、クリームで保湿することが重要です。

 

紫外線対策として強い味方の日焼け止めも、使い方によってはかえってお肌を痛めてしまう事もあります。そうならないために、普段から自分の肌に合った日焼け止めを、お肌への負担を考慮して上手に活用してくださいね。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ページ上部へ戻る