そばかすは遺伝する?そばかすと遺伝子の関係とは?!


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

そばかすは遺伝の影響が強いシミの一種だということを知っていますか?

幼い頃からそばかすができるのは、遺伝が関係しているためです。そばかす自体が遺伝していなくても、「そばかすのできやす体質、肌質」として、遺伝子の影響は及んできます。

では、そばかすができるときは、遺伝子がどのように影響しているのでしょうか?

 

◼︎「遺伝的なそばかす」〜紫外線に反応しやすい肌質遺伝〜

色白の美しい皮膚を受け継いだ美肌の持ち主は、そもそも、肌を紫外線から守ってくれる機能であるメラニン色素によるバリア機能が少ないこともあり、紫外線の影響をかなり受けてしまうのです。

小さい頃からそばかすができるのは、遺伝が関係しているためですが、成人前に自然と消えてしまう方もいますし、残る方もいます。

そばかす自体が遺伝していなくても、「肌の機能的な体質遺伝」として、紫外線を浴びると反応しやすいとか、過敏にそばかすが増えやすい、という人もいます。子供の頃、そばかすがなかったからといって、まったくそばかすができないのか?といえば、けっして安心することはできません。

遺伝子として受け継いでいるのは肌質、体質、肌の色だけではなく、回復機能、代謝力、働き方など、さまざまな機能や働きという点も関係してきます。シミやそばかすができやすい体質、紫外線の影響を受けやすい肌質としても遺伝子を受け継いでいるのです。

シミの原因である「メラニン色素」の働きに関しても、紫外線を浴びると、反応しやすい人の場合は特に、紫外線の季節だけでなく、ふだんからのUVケアをしっかり心がけましょう。

shutterstock_289941467

 

◼︎そばかすができる原因は、遺伝だけ?

そばかすができる原因は遺伝以外にも、今までに、どれくらい紫外線を浴びたか、特に年齢的に10歳までに浴びた紫外線量によっても変わります。メラニンが生成される量が変わってくるためです。

つまり、10歳までにどれだけ直接紫外線に浴びたかによって、ソバカスができるかどうかが左右され、それによって将来、シミ、ソバカスができやすくなるかどうかが決まります。

性格や顔かたち、カラダの特徴と同様に、風邪をひきにくい体質、おなかを壊しやすい体質なども、遺伝子「DNA」によって、先祖や両親から受け継いでいます。

同様に、そばかす自体が遺伝していなくても「そばかすができやす体質、肌質」として遺伝子の影響は及んできます。

また、ストレスや肝機能の低下、食事による栄養素などによって肌の新陳代謝が悪いと、そばかすもできやすくなります。肌のターンオーバーがうまく機能しなくなるからです。

 

不規則な生活、食事による栄養素のバランス、疲労やストレスなどによって、肌の新生、回復、ターンオーバーが循環しにくくなれば、そばかすもできやすくなりますので、食事と栄養、そしてストレスのない生活を心がけていきましょう。

shutterstock_267953750

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

シミウスの効果と口コミ

シミウスの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る