美白は保湿がカギ!美白に効果的な保湿ケア方法


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

美白のカギは保湿です!

美白ケアというと紫外線カットが重要というのは常識で、美白ケアに特化した化粧品もたくさん販売されています。

ですが、紫外線ケアと同じくらい、いえ、より本質的な美白を目指すのであれば、紫外線ケアや美白化粧品でのケア以上に重要なケアがあります。それが保湿です。今回は、美白にになるための保湿ケアについてお話しします。

 

美白に保湿ケアが重要な理由

shutterstock_134351117

冬で乾燥している時期やのお肌や、日焼け後の肌、炎症を起こしているお肌というのは非常に敏感になっていて、実はものすごく乾燥しています。そして、乾燥したお肌というのは、更なる紫外線ダメージやトラブルを起こしやすい状態になっています。

その上、肌が乾燥していると、角質が剥がれにくくなり、厚くなってしまうので、せっかく美白効果のある化粧品を使っても成分が肌に浸透しづらく効果が期待できません。

そのため、日焼けや炎症、トラブルがある場合は、まずしっかりと保湿ケアを行い肌を回復させてから、美白ケアを行うことが重要になるのです。

 

保湿がしっかりできれば自動的に美白肌

shutterstock_143389933

そもそも保湿ケアがしっかりできている肌は自動的に美白肌になります。

その理由を以下に列挙していきます。

1:ターンオーバーが順調に行われるためシミやクスミの原因となるメラニンの色素沈着を防いでくれます。

2:肌のバリア機能が正常に働くため、紫外線や外的刺激をブロックすることができます。

3:乾燥による肌トラブルやニキビによる色素沈着を未然に防ぐことができます。

4:化粧品の成分が浸透しやすいため美白の効果が得られやすいです。

5:肌のキメが整って透明感が出ます。

つまり、保湿がきちんとできている肌は、キメが整って透明感があるだけでなく肌トラブルや日焼けにもなりにくい、本質的な美白肌と言えるのです。

 

美白に効果的な保湿ケア、美白ケアの方法

shutterstock_243260476

美白には、保湿がまず何より重要だということを理解していただいた上でより効果的な保湿ケア、美白ケアについて説明していきます。

 

1:朝のケア

ビタミンCやアルブチンなどの美白成分は、紫外線で劣化しやすく、肌を刺激したり、逆にシミを濃くしてしまったりする場合もあるので、朝のケアでは保湿を重点的に行いましょう。

十分に保湿が完了した肌にUVカット対策をすれば十分です。

 

2:夜のケア

夜の10時から深夜2時ごろまではお肌のゴールデンタイム。

成長ホルモンが分泌され肌が生まれ変わります。

そのため美白ケアは夜がオススメです。

化粧品の美白成分や肌奥までしっかり届くように、しっかりと保湿したお肌に、美白成分を含んだ化粧品をプラスしてゆっくり眠りましょう。

もちろん日焼けや炎症がある場合は、まずは炎症の回復が最優先なので、無理に美白ケアを導入するよりは保湿に重点を置いて、まずはお肌を回復させることが重要だということは忘れないでください。

 

美白効果の高い化粧品の選び方

shutterstock_243070588

美白ケア成分としてビタミンC誘導体やアルブチンなどが有名ですが、美白ケア化粧品を選ぶ際は、上記成分に加えて保湿成分が含まれているものを選ぶとより効果的です。

保湿成分の代表的なものに関しては以下を参照してください。

1:セラミド :細胞間脂質と呼ばれバリア機能を高める

2:アルギニン:保湿力の高い天然保湿因子

3:コラーゲン:ハリや弾力を与えると同時に水分維持機能も高い

4:ヒアルロン酸:1グラムで6リットルの水分を保持できると言われる抜群保湿力

5:リピジュア:ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持つ

6:プロテオグリカン:ターンオーバー促進効果

 

美白化粧品の選び方、美白ケアにはまず保湿!

効果的に美白肌になりましょう!

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

シミウスの効果と口コミ

シミウスの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る