日焼け止め、焼けない塗り方でもう絶対焼きたくない!


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

敏感肌さんのUVケアのポイント

紫外線ケアって、わかっているようで実はよくわからなかったりしませんか?たとえば、表皮と真皮に届くと言われているけど、本当に恐い紫外線はどっち?ケアが必要な時期や時間帯は?最近注目されているロングUVAって危ないの?・・・など、そうやって改めて聞かれたときにどうだっけ…?とならないよう、ポイントをつかんで焼けにくい肌を手に入れたいですね。

 

紫外線UVA波・UVB波について

紫外線UVA波・UVB波について

よく知られているUVAとUVBという2種類の日焼けですが、最低限知っておきたいことだけピックアップしてまとめてみました。

 

◆紫外線A波(UVA)について

  • いつぐらいから? → 3月より上昇、朝夕、大気中の減退なく年中降り注ぐ。
  • 肌のどこに届く? → 真皮。皮膚の奥深くにじわじわ浸透して褐色化。長い時間をかけてじわじわ悪影響を及ぼす。
  • 肌へのリスクは? → サンタンニング(小麦色の肌)、メラニン生成、色素沈着によるシミ・老化、皮膚癌など。
  • オゾン層透過 → 長波長のためオゾン層を通過しやすく、UVBの20倍以上も地上に届いている。曇りの日や日当たりの良い室内でも紫外線対策が必要。
  • UVA効果の表記方法 →PA+~++++という値で表します。

 

◆紫外線B波(UVB)について

  • いつぐらいから? → 夏季より上昇、10:00~16:00の時間帯が最強(朝夕は弱い)
  • 肌のどこに届く? → 表皮。皮膚の表面が赤くなって火傷のようにヒリヒリ、炎症を起こす。
  • 肌へのリスクは? → サンバーン(ヤケド日焼け)、発熱・ヤケド(水泡)・炎症によるシミなど。
  • オゾン層透過 → 短波長のため、雲などに阻止されて地上に届くのは全体の10%。日傘や木陰などで紫外線対策も可能。
  • UVB効果の表記方法 → SPF2~50といった値で表します。

 

SPF/PAの目安となる値について

SPF/PAの目安となる値

日常使い ・・・ SPF10~25 / PA+~PA++
外出が多い ・・・ SPF30 / PA+++
海やキャンプ ・・・ SPF30~50 / PA++~PA++++
日焼け止めクリーム以外のUVグラスや帽子などの日除けグッズも併用しながら、肌を休ませてあげるといいと思います。

ちなみに噂のロングUVAについては、波長が長すぎて細胞のDNAの破壊には至らないということが確認されているため、現段階で紫外線ケアの必要性があるとされているのはショートUVA(=従来のUVA)とUVBとなります。

 

日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止めの正しい塗り方

日焼けしやすい環境というのは、たとえばビーチや広い運動場などといった、周辺に紫外線を跳ね返す建物や木などが少ない場所が当てはまります。また着ている服装も黒っぽいものだと紫外線を吸収しやすく、白っぽい服装は紫外線を跳ね返してくれたりします。ただし、紫外線を服で跳ね返した時に黒い帽子を被っていたりすると、そこでまた吸収されてしまったりします。それらを踏まえつつ、いくつか日焼け止めの正しい塗り方をご紹介します。

 

◆塗り直しの基本について

  • 汗をかいたら塗り直す
  • 汗をかいてなくても、2~3時間おきに塗り直す
  • 顔を拭いたり手などで触ったら塗り直す

 

◆メイク時の塗り方

  • 1回の使用目安量は、500円玉くらいの大きさ
  • 塗る順番は、①スキンケア > ②日焼け止め > ③メイク
  • 日焼けしやすい箇所は、顔のTゾーンや頬骨
  • 日焼け止めは擦り込まない、優しく丁寧に伸ばして馴染ませる。

 

◆そのほかの塗り直し

  • ミストやスプレータイプの日焼け止めで、メイクの上から塗り直しOK
  • UV効果のあるパウダーファンデでも塗り直しOK

 

◆アフターケアについて

  • 使用後は、専用クレンジングでしっかり落とす。
  • 乾燥しやすいため、充分な保湿を促しておく。

 

目の紫外線ケアも忘れずに

いかがでしたでしょうか?日焼けは肌から多くの水分が奪われている状態でもあるので、とにかくアフターケアでは充分な保湿を心がけましょう。ちなみに、目から紫外線が入って、目の細胞にダメージが生まれることで脳が反応し、なんと!「メラニン生成の指示」が発令されるんです!そうすると、肌に紫外線が当たらなくても、肌が黒くなってシミ・そばかすの原因を生み出してしまうので、目の紫外線ケアも忘れずに行っていきましょうね。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

シミウスの効果と口コミ

シミウスの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る