しみとそばかすを消す食べ物とは?


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

できてしまったしみやそばかすを消したい…..

改善策としては、美白化粧品やレーザー治療などもありますが、食べ物で内側からケアすることも実はとっても重要なのです。

しみやそばかすを消す効果のある食べ物を紹介します。

 

そもそもしみやそばかすの原因って何?

しみやそばかすを消す効果のある食べ物について説明する前にそもそもしみやそばかすの原因が何なのか?をお話したいと思います。

しみ、そばかすはメラニンと呼ばれる色素が肌表面に出てきてしまっている状態なのですが、その原因で最も影響があるのが、「紫外線」です。

通常メラニンは、紫外線を浴びると体内で生成され、光を吸収して、有害な紫外線が体の奥まで届くのを防いでくれる作用があるものなので、一時的に日焼けをしても肌のターンオーバーが正常に行われていれば、周期的に剥がれ落ちなくなっていきます。

ただ、なんらかの事情で肌のターンオーバーがうまくいかず、メラニン色素が残った色素沈着の状態が、しみやそばかすです。

 

しみやそばかすを消す方法

shutterstock_234519628

しみやそばかすを消すには

1:肌のターンオーバーを正常にすること

2:そもそも日焼けをしにく肌状態をキープすること

が必要になります。

そのために効果的な食べ物をみていきましょう。

 

しみ、そばかすを消す効果のある食べ物

shutterstock_314967029

肌の乾燥を防ぎ、お肌に潤いを与え、肌のターンオーバーを促す効果のある食べ物は、ビタミンAやビタミンC、またビタミンB2を多く含む食材です。

ビタミンAを多く含む食べ物:肌の新陳代謝を促し、細菌に対する抵抗力も高めます。

レバー、うなぎ、パセリ、青しそ、春菊、ニラ、ほうれん草、人参、マンゴー、スイカ、のり、など

ビタミンCを多く含む食べ物:肌の乾燥を防ぎ、コラーゲンを合成する際にも使用されお肌にハリを与えます。またメラニン色素沈着を防ぐ効果があります。

フルーツ、トマト、パセリ、ケール、モロヘイヤ、など

ビタミンB2を多く含む食べ物:乾燥による肌荒れを防ぐ効果があります。

レバー、納豆、卵。など

 

上記を参考にバランスのよい食生活を普段から行うことで、できてしまったしみやそばかすも内側からしっかりケアしつつも、そもそもしみやそばかすのできにくいお肌を作っていきましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

コンシダーマルの効果と口コミ

コンシダーマルの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る