美白に効果のある食べ物のヒント


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

美白に効果のある食べ物はないの?と思う方は多いのではないでしょうか?早速ですが、美白に効果のある成分を含んだ食べ物をご紹介します!

 

◆美白にはどのような成分が必要なの?

美白にはどのような成分が必要なのか

美白効果に必要な成分は、ビタミンC、ビタミンE、β‐カロチン、L‐システイン、リコピン、アスタキサンチン、エラグ酸といったものになります。これらの成分が入った食べ物が美白に効果的です。

まずビタミンCは、メラニンを還元する効果があります。次にビタミンEは、抗酸化力や老化防止作用、毛細血管の血行改善や新陳代謝の活性化作用など。β‐カロチンは、体内でビタミンAに変換され抗酸化物質として働きます。L‐システインは、代謝を助けてメラニンの排出を促します。最後にリコピンは抗酸化作用が強く、紫外線などで活性酸素が発生してもリコピンが酸化を防いでくれます。

 

◆ビタミンC

ビタミンCが多く含まれるレモン

ビタミンCが多く入った食べ物は、レモン、ミカン、グレープフルーツなどの柑橘系フルーツや、赤ピーマン、パセリ、ブロッコリー、シソ、ホウレン草などの野菜、他にもピーナッツ、ベーコン、焼き海苔、アセロラなどに多く含まれています。
ビタミンCは水溶性で壊れやすく、熱にとても弱いので、食べる時は火を通すよりも生で食べる方が良いでしょう。酸化もしやすいため、新鮮なうちに食べるようにしましょう。どうしても火を通す場合は、調理時間を短くするためさっと炒めたり、スープなどにするのがおすすめです。

 

◆ビタミンE

ビタミンEが多く含まれるナッツ

ビタミンEが多く入った食べ物は、アーモンド、ヘーゼルナッツ、落花生などのナッツ類や、ウナギ、鮎、イクラ、サーモントラウト、たらこなどの魚類、その他にもキウイ、アボカド、かぼちゃなどがあります。
ビタミンEは脂溶性で、油によく溶ける性質があります。油を使って料理をすれば吸収率が上がりますか、古い油だとビタミンEを不活性化する過酸化脂質が溜まっている場合があるため注意が必要です。調理の際には、新しい油を使うようにしましょう。

 

◆β‐カロチン

β‐カロチンが多く含まれる人参

β‐カロチンが多く入った食べ物はニンジン、ホウレン草、モロヘイヤ、ブロッコリー、パセリ、ピーマン、トマト、にら、大根の葉、小松菜、シソ、春菊、かぼちゃなどの野菜です。
β‐カロチンは脂溶性の栄養素なので、油に溶けやすいため油を使った料理で使用するのがおすすめです。大根の葉やホウレン草、ピーマンなどは炒めものとして調理すると摂取しやすいと思います。

 

◆L‐システイン・リコピン

L‐システインが含まれる代表的な食べ物である豚肉

L‐システインが多く入った食べ物は、豚肉、豚レバー、魚類、卵、ハチミツ、ネギなどです。L‐システインはビタミンCと一緒に摂取すると、よりいっそう効果を発揮します。

リコピンが多く入った食べ物はトマトが有名ですが、その他にもスイカ、ピンクグレープ、柿、なす、ピーマン、パパイヤ、さくらんぼ、ニンジンなどがあります。
リコピンは火を通すと吸収率が上がります。そのためトマトジュースやケチャップなどから摂取しても効果的に吸収できるでしょう。

 

以上、これまで見てきた食べ物の組み合わせや適量を摂取し、体内から、シミやソバカスの予防をして、美白の肌を保ちたいものですね。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ページ上部へ戻る