日焼け止めのSPFって?日焼けをしないためのポイントとは?


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

敏感肌さんのUVケアのポイント

日焼け止めに書かれている「SPF」の文字。当たり前のように書かれているため、特に気にもせずに購入していませんか?実は数値が高ければ高いほど良い、ということではないのです。では日焼け止めに書かれているSPFとは、いったいどのような意味なのでしょうか?そこで今回は、SPFの意味と日焼けをしないポイントについてご紹介させて頂きます。

 

◆日焼け止めに書かれているSPFの意味は?

日焼け止めに書かれているSPFの意味

SPFとはサンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、紫外線防御指数とも言います。これは、紫外線を浴びて皮膚が赤くなるまでの時間を、何倍長くできるか(遅らせられるか)を表したものです。SPFの数値は、時間でいうと20分から25分を1単位とします。つまりSPF1は何もつけてない時より、20分から25分皮膚が赤くなる時間を遅らせる、ということになります。

SPF数値に対する量は、1平方cm当たり2mgずつ皮膚に塗ったときの値です。逆にその分量だけ塗らないと意味がないとも言えます。1平方cmに2mgとなると、多少量が多くなると感じるかも知れません。ほとんどの日焼け止めは塗ると白くなりますので、それを嫌がって量を減らして薄く塗ると、その分だけ効果も落ちてしまうということになるのです。

 

◆SPF値と日焼け止めの効果

SPF値と日焼け止めの効果

SPFの数値が高いと日焼け止めの効果も高くなりますが、実は肌への負担も少なからずかかって来るものです。SPFの効果として日焼け止めに配合されている成分で、大きなものは2つあります。1つは紫外線吸収剤、そしてもう1つが紫外線散乱剤の2つです。紫外線対策に効果があるのは、SPF配合の日焼け止めクリームになりますが、その反面、どうしても肌への負担もかかってきてしまいます。つまり、数値が高いからと言って、むやみに塗れば良いというわけでもないのです。

 

◆日焼け止めの使い分けで肌に負担をかけない

日焼け止めの使い分けで肌に負担をかけない

まずは、外出時間と場所、そして行動内容によって使い分けるのが一番です。家事の一環で洗濯物を干したりするぐらいならSPF15から20ぐらいのものがおすすめです。外出やアウトドアで紫外線を長く浴びる時は、SPF30以上を使うと良いでしょう。

現在ではSPF値の最高値は50となっています。これは時間にすると20時間以上となりますが、一日の日照時間を越えていますので実はあまり意味がありません。実際のところSPF30を越えると、紫外線をカットする効果はほとんど変わりがないとも言われています。

 

このような事を踏まえ、どのような場所、どのくらい紫外線を浴びるのかで使用する日焼け止めを選び、かつ自分の肌に合った物を選ぶようにしましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

シミウスの効果と口コミ

シミウスの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る