そばかすは色白だとできやすいって本当?


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

女性なら誰もが憧れる透き通るような色白美肌。

でもそんな色白だからこそ目立ってしまうそばかす….

色白だとそばかすができやすい、っていうのは本当なのでしょうか?

 

紫外線によってそばかすができる仕組み

shutterstock_257654764

肌には、紫外線に対して防御作用というものがあり、紫外線を浴びると、この作用が起こります。

その際に生成されるメラニン色素は、紫外線を浴びた際に、紫外線が体の内部まで届かないように体を守ってくれます。

ただ、役目を終えたそのメラニン色素の排出がうまくいかず肌に沈着してしまうことでそばかすとなってしまうのです。

 

色白だとそばかすができやすい理由

shutterstock_225288859

肌が白いということは、そもそも肌内部のメラニン色素が少ない状態です。そのため紫外線の影響を受けやすいということが、色白だとそばかすができやすい理由のひとつです。

そばかすの多くは、遺伝や生まれつきのもので、5、6歳頃から目立ち始め、思春期をピークに自然に消えていくものですが、そもそも紫外線に対する耐性の弱い色白の人の場合は、日常レベルの紫外線でもそばかすの原因となってしまうのです。

 

色白の人がそばかすができないようにする効果的な対策は?

白くてそばかすのない美肌を保つにがどうすれば良いのでしょうか?

一番効果的な対策は、日傘や帽子、日焼け止めを使用して紫外線を浴びないように徹底することです。また、ビタミンを豊富に含む食材を摂取して内側からケアすることも心がけましょう。

肌の乾燥を防ぎ、お肌に潤いを与え、肌のターンオーバーを促し、そばかすの予防改善や美白効果のある食べ物は、ビタミンAやビタミンC、またビタミンB2を多く含む食材です。

 

・ビタミンAを多く含む食べ物:肌の新陳代謝を促し、細菌に対する抵抗力も高めます。

レバー、うなぎ、パセリ、青しそ、春菊、ニラ、ほうれん草、人参、マンゴー、スイカ、のり、など

shutterstock_134269931

・ビタミンCを多く含む食べ物:肌の乾燥を防ぎ、コラーゲンを合成する際にも使用されお肌にハリを与えます。またメラニン色素沈着を防ぐ効果があります。

フルーツ、トマト、パセリ、ケール、モロヘイヤ、など

shutterstock_267812054

・ビタミンB2を多く含む食べ物:乾燥による肌荒れを防ぐ効果があります。

レバー、納豆、卵など

shutterstock_280349747

上記を参考にバランスのよい食生活を普段から行うことで、できてしまったそばかすも内側からしっかりケアしつつも、そもそもそばかすのできにくいお肌を作っていきましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

シミウスの効果と口コミ

シミウスの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る