ニキビ跡を治す方法は?おすすめはまずは普段の生活を改善してみること!


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

お肌に一度できたニキビ跡って、本当に綺麗に消えないものですよね。そして一度できたニキビ跡は2年~3年は完全には消えず、見た目にもあまり良い印象がありません。今回はそんなニキビ跡で悩みを抱えている方に向けて、ニキビ跡を治すおすすめの方法をご紹介したいと思います。

 

■そもそもニキビ跡とは?

そもそもニキビ跡とは?

このニキビ跡ですが、実際にどのようなものなのかと言うと、一言で表現するならシミと同じです。お肌の炎症や傷、または色素沈着によって、お肌にシミができてしまっている状態のことを指します。そしてこのニキビ跡が簡単に消えない理由は、お肌の表面だけでなく、その下の組織まで傷ついてしまっているからなのです。

一般的にお肌の構成は、外から見える部分の表皮、そして表皮のすぐ下に真皮があり、これらを内側から支えているのが皮下組織となります。この皮下組織にまで炎症が起こると、クレーター状のニキビ跡などがより目立つ形になってしまうのです。ニキビ跡が残る理由は表面だけでなく、肌の内部にまで炎症が起きるため、と覚えておくと分かりやすいかと思います。

 

■実際にニキビ跡を治す方法を教えて!

目立つニキビ跡ができる理由は分かったけど、実際にニキビ跡ができていて早く治したいという方も多いと思います。そこでニキビ跡を綺麗に治す方法をいくつかご紹介します。

 

●規則正しい生活習慣を身に付ける

規則正しい生活習慣

これが最も自宅で気軽にできるニキビ跡を治す良い方法かも知れません。私達人間は体に傷をつけると自力で修復したり、再生する力を持っています。

そしてこの修復や再生が活発に行われるのは、成長ホルモンが分泌される22時~2時までのゴールデンタイム。成長ホルモンは寝ている時でないと分泌されないため、極力この時間帯にはぐっすりと眠っていると良いでしょう。どうしてもこの時間帯に寝ることが難しいという方は、毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きるなど、規則正しい生活習慣を身に付けるようにするだけでも違ってきます。

 

●お肌に良いとされる栄養素を食事から摂取する

お肌に良いとされる栄養素

お肌に良いとされる栄養素は、一般的にタンパク質やビタミン類となります。これはお肌のターンオーバーを促進する、つまり肌細胞の生まれ変わりをスムーズに行い、綺麗なお肌を再生しやすくさせる大きな味方でもあります。

タンパク質は美肌を保つために必要なコラーゲンを生成させる働きがあり、これにビタミン類、特にビタミンCを一緒に摂取することで吸収率が高まります。コラーゲンの働きにより古くなった細胞を分解して新しい細胞を作るため、ニキビ跡を治すには必要となるわけです。

傷ついたニキビ跡の古い角質を取り除き、健康的な新しいお肌をしっかりと作るのがタンパク質とビタミン類の主な働きでもあるため、日々の食事で意識して摂取してみてください。

 

●化粧水選びも含まれている成分に注目

化粧水選びも含まれている成分に注目

日々使用することになる化粧水選びにも気を使ってみましょう。主にニキビ関連に有効な成分が含まれているかどうかが大切となります。例えばサリチル酸という成分は、古くなった角質を軟化させ綺麗に剥がしてくれるのでターンオーバーを促進させやすい成分です。また殺菌作用や抗炎症作用もあるため、ニキビ跡などの改善にはおすすめ。また保湿効果が高いヒアルロン酸やコラーゲンは、お肌の乾燥を防ぎ、ニキビ跡を治しやすくするお肌作りに一役買ってくれるでしょう。

 

■いかにターンオーバーを促進させるかが大切

今回はニキビ跡を治す方法をいくつかご紹介しましたが、大切なのはやはりお肌の生まれ変わりをいかにスムーズに行うことができるかがポイントです。古い角質が残っていると、それと一緒にニキビ跡も残るため、長期間に渡りニキビ跡が消えないという方が多くなります。古い肌細胞と新しい肌細胞の入れ替わりを促進させることで、目立つニキビ跡を治せる可能性も高くなるでしょう。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

シミウスの効果と口コミ

シミウスの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る