そばかすを消す方法とは?自力で消した方法を公開


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

気がついたら、顔に存在感たっぷりに居座るそばかす。もし、このそばかすを消すことができたら…..しかも自力でできるならその方法を知りたいですよね。濃いそばかすでさえも短期間で、かつ自力で消した方法を公開します。

 

まずは「そばかす」とは何かを知ろう

そばかす

そばかすの正式名称は、雀卵斑(じゃくらんはん)と言い、皮膚にできるシミの一つです。直径3~5mm程度の細かい茶色のシミが散らばったように見られる症状です。

そばかすは遺伝的に出てくるものもあります。子供のときにできるそばかすは、主にこの遺伝が原因です。ただこちらは、大人になるまでには自然と消えてしまうことがほとんどですので、それほど気にしなくても良いでしょう。ただ逆に大人になってできるそばかすは遺伝的なものではなく、主に紫外線が原因となってできるもの。こちらはきちんとした対策とケアをする必要があります。

紫外線を大量に浴びると、お肌がメラニン色素を生成して、紫外線からお肌を守ろうとします。このメラニン色素はターンオーバーによって排出されて行くのですが、紫外線を浴びすぎてメラニン色素の量が多くなりすぎたり、ターンオーバーが乱れてしまうと、排出されずにお肌に残ってしまいます。これがそばかすを作るんです。

つまり、そばかす予防は、紫外線対策と規則正しい食事・睡眠などの生活によるターンオーバーの安定化と言えます。それと合わせてスキンケアをうまく取り入れて行くのが、そばかすの対策になります。それらを少し詳しく見て行きましょう。

 

そばかすを自力で消す3つの方法

そばかすは、紫外線や外部刺激によって生成されたメラニンが肌のターンオーバーの乱れによって排出されず肌の上に残った状態です。そのため、肌のターンオーバーを整えてメラニンを排出させると同時にそもそもメラニンを生成させないような生活習慣を行うことが結局一番早く効果的に自力でそばかすを消す方法になります。自力で消すためには以下の3つの方法を同時にかつ毎日継続して行うことが重要です。

 

方法1 :これ以上日焼けをしない

日焼け

そばかすは紫外線を浴びると濃くなります。まずはこれ以上濃くしないように普段からしっかり日焼け止めを塗ったり、帽子や日傘でお肌を守ることが必要です。日焼け止めや紫外線対策用の衣類を上手に利用し、肌にベールを覆うというようなイメージで紫外線が直接お肌に当たらないよう場面に合わせたケアをしていきましょう。

 

方法2: ビタミンA,C,Eを普段の食事でしっかり摂取する

ビタミン

体内で活性酸素を除去するβカロテンに変わるビタミンA、細胞の新陳代謝を促すビタミンB2、メラニンの排出を促すビタミンCを積極的に摂取しましょう。オススメは色の濃い野菜や新鮮なフルーツ。緑茶やワインもお薦めです。ビタミンを多く含む食材は以下を参考にしてください。

・ビタミンAを多く含む食べ物

効果:肌の新陳代謝を促し、細菌に対する抵抗力も高めます。

食材:レバー、うなぎ、パセリ、青しそ、春菊、ニラ、ほうれん草、人参、マンゴー、スイカ、のり

 

・ビタミンCを多く含む食べ物

効果:肌の乾燥を防ぎ、コラーゲンを合成する際にも使用されお肌にハリを与えます。またメラニン色素沈着を防ぐ効果があります。

食材:フルーツ、トマト、パセリ、ケール、モロヘイヤ

 

・ビタミンB2を多く含む食べ物

効果:乾燥による肌荒れを防ぐ効果があります。

食材:レバー、納豆、卵

 

方法3:肌に刺激を与えないスキンケアをする

スキンケア

洗顔時や顔に触れるタオルでの摩擦で刺激を加えないように注意しましょう。ゴシゴシとこするような洗顔やタオルの利用は厳禁。物理的な刺激もメラニンの生成を促進します。一方、丁寧に洗顔すると肌のターンオーバーを促進し、その後の美白化粧品の浸透も良くなります。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ページ上部へ戻る