そばかすを消すメイク術!大事なポイント4つ


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

今回は遺伝性の強いそばかすをメイクで見えにくくするためのテクニックをご紹介していきます。日ごろお化粧をしない人でも比較的簡単な、誰にもできるようなテクニックをご紹介していきますので、メイクに自信がない人も気楽に読んでみてくださいね。

 

ポイント①:ファンデーションとコンシーラーをうまく使いこなす

ファンデーションとコンシーラーをうまく使いこなす

そばかすは遺伝が原因で発生するもので、基本的にシミとまったく一緒だということをご存知ですか?そばかすを消すということはシミを消すことと似ています。そこでポイントとなるのが、いかにお化粧をしてシミやそばかすの部分を自分のお肌と一緒にできるか?という点です。そばかすをメイクで消したい!と思われている方は、ご自分に合ったファンデーションとコンシーラーを手に入れるところから始めてください。

 

ポイント②:自分に合ったファンデーションとコンシーラーの選び方

自分に合ったファンデーションとコンシーラーの選び方

そばかすを隠したい!という目的でコンシーラーを選ぶときはクリームタイプがおすすめです。なぜなら、そばかすやシミができるのは紫外線がお肌を攻撃し、メラニン色素が出てしまうから。クリームタイプのものであれば保湿することも可能ですので、お肌を労りながらシミやそばかすを隠すことができます。

ファンデーションとコンシーラーの色は、基本的に自分のお肌より少し暗いものを選んでください。茶色いシミに明るいものを塗ってしまうと、お肌とお化粧の相性が合わないためです。一度大きいデパートの化粧品コーナーでじっくりと比較検討して、ご自分に合った最適なファンデーションとコンシーラーを手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

ポイント③:ファンデーションとコンシーラーの使う順番について

ファンデーションとコンシーラーの使う順番について

ファンデーションもコンシーラーも様々な種類があって、何を使うかによってどちらを先に使うかが変わってきます。パウダー系のファンデーションならコンシーラーを先に、クリーム系のファンデーションを使うならコンシーラーを後に使ってください。

 

ポイント④:お肌は人それぞれ!一度お肌の専門家に相談してみよう

お肌は人それぞれ!一度お肌の専門家に相談してみよう

お化粧がとっても上手な友達や化粧品関係のお仕事をしている人がいたら、一度その人に化粧品の選び方を聞いてみることを強くオススメします。なぜならお肌の質、シミの質は人それぞれだからです。シミを消すメイクの方法は?と一言で言ってもいろいろなパターンがあります。すべてにおいて自分のお肌を知るところから始めなければいけないんですね。自分に最適な化粧品を選ぶためにも、一度詳しい人に相談してみることをオススメします。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ページ上部へ戻る