腕のそばかすを消す、腕にできたそばかすの原因を探る


→ 【必見】頑固なくすみを消した裏ワザ♪

腕のそばかすを消す方法

お肌の露出も増えて、紫外線とのお付き合いも密になってくる夏。顔と同様に、こまめなケアを気にしてあげたい腕のそばかすは、消したり予防したりすることってできるものなのでしょうか?ちょっと調べてみました。

 

◆そばかすとシミの違い

そばかすとシミの違い

シミと違って 子どもの頃にできるそばかすは、遺伝性のもの(雀卵斑~じゃくらんはん)がほとんどで、大人になるにつれて自然と薄くなっていくものです。その一方で、大人になっても残っていたり、新たにできたりしたそばかすというもののほとんどは、紫外線の原因が考えられるため、完全に消すとなると専門医による治療が必要になります。

ちなみに、一般的にそばかすは色白肌の欧米人に多いそうですが、日本人も黄色人種とは言え、色白でそばかすの多い方もいますし、色白でなくとも 加齢や紫外線によるターンオーバー機能の乱れによる場合もあります。

そばかすもシミも、その主たる原因がメラニン色素の増加によるものですから、基本的な美肌ケアには大差ありません。

 

◆水分は肌の回復力を高める

水分は肌の回復力を高める

シミのケアでも何度かお伝えしてきている保湿力キープの大切さ・・・モチロンそばかすにも有効です。保湿状態の整っているお肌は、お肌のバリア機能やアンチエイジング効果が促されやすいので、そばかすをこれ以上増えないように予防する、といった効果も期待できます。

その他にも・・・

  • 正しいUVサングラス(NG:色の濃いレンズ・UV効果の数値が未表記のもの)を着用する。
  • 日陰の利用・日傘やアームカバーを利用する。
  • 紫外線の強い時間帯を避けて外出する。
  • 日焼け止めはこまめに塗り直す。
  • お肌への摩擦や刺激はしない。
  • 美肌の食生活と良質な睡眠を確保する。

・・・など、お肌の回復力も元気にしながら、腕のそばかすを消す力も高めていきます。

 

◆目的別のケア方法

目的別のケア方法

★毎日忙しいあなたにおすすめのセルフケア:

上に挙げた日常のケアはもちろん、活性酸素の除去をはじめ、新陳代謝アップやメラニンの排出を促すなどといった栄養素を、積極的に体内に摂り入れていくようにしましょう。(特にビタミンA・C・E)その上で愛用されている美白化粧品を使っていくと、効果も徐々に高まっていくと思いますよ。

※参考: そばかすを消す方法とは?自力で消した方法を紹介

 

★皮膚科に通ってしっかり治したい:

金銭面からも、通院日数や治療後の長期アフターケアも含めて、しっかりと治すお気持ちがあれば、まずは信頼のおける専門医を探すところから始まります。無料カウンセリングの利用や口コミを参考にしながらも、実際に対面でこの医師になら安心して任せられる!・・・と思えるまでしっかり選別しても損はないと思います。
また、美容クリニックと皮膚科を比較すると、前者は保険が使えないため、その点もカウンセリングで確認しておくと良いと思います。

※参考: そばかすの治療で保険は使える?どこで治療ができるの?

 

いかがでしたでしょうか?私たちが母親のお腹の中にいた頃は、100%羊水という最強の保湿力でお肌は守られていました。ということから考えてみても、美肌力と保湿力は切っても切れないものなのかもしれませんね。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうくすみで悩む必要はありません!

コンシダーマルの効果と口コミ

コンシダーマルの効果を口コミから検証!果たしてくすみは消えるのか!?

ページ上部へ戻る