皮膚科で処方してもらえるシミ治療の薬ってどんなもの?


→ 【必見】頑固なくすみを消した裏ワザ♪

皮膚科で処方されるシミ治療薬

美白化粧品でいくらケアしても消えないシミ・・・何とかならないかしら?と思っていらっしゃる方も多いかも知れません。皮膚科へ行ってシミ治療の薬を処方してもらうということを検討しても、実際どんなお薬が処方されるのか気になりますよね。そこで今回は皮膚科でのシミ治療で処方される塗り薬と飲み薬、それぞれの種類と効果についてご紹介したいと思います。

 

皮膚科で薬を処方されるのはどんな時?

皮膚科で薬を処方されるのはどんな時?

皮膚科でのシミ治療にはさまざまな種類があります。レーザー治療、ピーリング、ビタミンCのイオン導入、プラセンタ注射など・・・。それらの治療と併用または単独で、お薬を処方されることがあります。またお薬には塗り薬と飲み薬の2種類があります。それではそれぞれのお薬について見ていきましょう。

 

皮膚科で処方されるシミ治療の塗り薬

皮膚科では、シミ治療のために美白の塗り薬を処方されることがあります。レーザー治療が効かないシミには、塗り薬とピーリング治療を併用して治療することもあるようです。処方される塗り薬もさまざまで、院内で調合されたもの、皮膚科専売メーカーの既製品を取り寄せたものなどがあり、その値段も数百円から1万円以上するものまで大きくバラつきがあります。

塗り薬に主に用いられている成分はハイドロキノンで、そのほかにもビタミンC配合の化粧水やコウジ酸配合のクリームを処方されることもあります。どの成分が良く効くのかは、できてしまったシミの種類や個人差によるところが大きいので一概には言えません。

また市販品よりも病院で調合されたものの方が絶対に良い、ということもないようです。ただし市販されている化粧品は、有効成分の配合濃度が当局によって制限されているのですが、皮膚科で医師が独自に処方する場合にはそうした規制がありませんので、市販品よりも高濃度に有効成分が配合されていることもあります。

こうした高濃度のお薬を使用する場合は、皮膚トラブルが起きてしまう可能性もありますので、きちんと通院しながら使用し、医師に経過を観察してもらうことが重要です。

 

皮膚科で処方されるシミ治療の飲み薬

皮膚科で処方されるシミ治療の飲み薬

飲み薬の中では、最もよく使われているのがビタミンCです。ビタミンCはシミだけではなく、ニキビやアンチエイジング目的としても使われているようです。その他には、肝斑に有効と言われるトラネキサム酸や、ビタミンCの吸収を促し、血流促進や抗酸化作用のあるビタミンE、美白効果があるとされるハイチオール(アミノ酸のL‐システインのこと)などもよく処方されるようです。

 

皮膚科で処方されるシミ治療薬とは

いかがでしたか?皮膚科で処方される薬と言っても、さまざまな種類がありますね。ご自分に合ったお薬を処方してもらえるよう、しっかりと話をしてシミ治療を進めていきたいですね。でも、一度出来てしまったシミを完全に消すことは大変難しいものです。やはりまずは予防が第一!薬用美白化粧品でお肌のメラニン色素の生成を抑え、抗酸化作用の高い食材を毎日取り入れて、年齢とともに低下する抗酸化力を補うことで、シミができにくいお肌作りを目指しましょう。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうくすみで悩む必要はありません!

コンシダーマルの効果と口コミ

コンシダーマルの効果を口コミから検証!果たしてくすみは消えるのか!?

ページ上部へ戻る