美白になる食べ物豆乳の効果的な摂取方法


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

健康飲料として広く知られている豆乳。

ダイエット効果や生活習慣病予防効果などでも注目されていますが、モデルさんや美容に敏感な女性の間ではその美白効果、美肌効果から絶大な支持を得ています。

今回はそんな豆乳の美白力の真相に迫りつつ、美肌に効果的な摂取方法を解説していきます。

 

豆乳で美白になる理由

豆乳にはサポニン、ビタミン、イソフラボンが豊富に含まれています。

シミや日焼けは、紫外線や物理的な刺激によってメラニン色素が発生し、肌内部に沈着することが原因ですが、上記の栄養素はこの原因を解決してくれるのが、豆乳で美白になる理由です。それではそれぞれの栄養素の効果をひとつづつみていきましょう。

shutterstock_218370937

 

◼︎サポニン

免疫力を向上させる作用の他に高い抗酸化作用があり、中でも大豆に含まれるサポニンの抗酸化作用は強力で、外部から刺激を受けたときに生じる活性酸素の活動を抑えることでメラニンの発生を抑える効果があります。

 

◼︎ビタミン

豆乳に含まれるビタミンB1、B2、B6、ビタミンEは美容ビタミンと呼ばれています。ビタミンB2は摂取したタンパク質を効率的に分解し、粘膜や皮膚、爪や髪などのターンオーバーを正常にしてくれます。ビタミンB6はアミノ酸がタンパク質に再合成されるのを助け、新しい細胞を作り出します。ビタミンEもまた抗酸化作用を持ち、紫外線によって発生した活性酸素を抑え、血行を促進させるため肌の新陳代謝を促進させます。

 

◼︎イソフラボン

大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンによく似た構造で、肌の老化を防止し、ハリやツヤを保つ作用があります。更に、新陳代謝を促す効果やコラーゲンの生成を促す作用があり、シミや日焼けしてしまった肌のターンオーバーに促進も効果的です。

 

効果的な摂取方法

shutterstock_187030769

美肌以外の効果も絶大の豆乳ですから、コーヒーやシリアルのミルクを豆乳に変えるとか、シチューなどの煮込み料理に豆乳を使用するなど、日々の食事の中に無理なく取り入れるだけでも十分効果がありますが、より効果的な摂取方法があります。

それは、寝る前に飲む、ことです。

睡眠中は成長ホルモンが分泌されるでの、特に夜の10時から深夜2時は新しい肌を作り出すお肌のゴールデンタイムとも言われます。

このタイミングに合わせて豆乳を飲んで、大豆のビタミン群や大豆イソフラボン、タンパク質を補給してあげることで、豆乳の美肌効果を高めることができます。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ページ上部へ戻る