そばかすを消す食べ物と3つのおたすけレシピ


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

敏感肌のための美肌ケア

シミやそばかすをこれ以上増やさないお肌作りのために必要とされている栄養素は、保湿機能を整えてくれて、ターンオーバー機能も促してくれるような栄養素(ビタミンA・ビタミンC・ビタミンB2)になります。今回はこのような栄養素を含んだ食材を意識した3つの簡単なレシピと、栄養素の特徴についてご紹介します。

 

ビタミンAのおたすけレシピ(にんじんのおしゃれソテー)

ビタミンAのおたすけレシピ(にんじんのおしゃれソテー)

作り方: 短冊切りもしくは細切りにしたにんじんを、甘味が出るまでソテーします。一緒に和えるのはディル、タイム、バジルといったハーブ類と天然塩。砕いたナッツをかけても美味。組み合わせを変えて、長ネギのみじん切り+ほぐしタラコ+にんにく醤油で炒めると、酒の肴によく合いますよ。

ビタミンAは別名レチノールとも呼ばれ、肉魚類に含まれます。油溶性のある栄養素で、摂りすぎると肝臓に溜まってしまいますので、特に肉類でのビタミンAの過剰摂取に注意しましょう。一方で緑黄色野菜に含まれるカロチンにもビタミンAが含まれ、抗酸化作用や、悪玉コレステロールを減らし、免疫力や保湿機能アップや、お肌や目の健康を維持します。

  • 不足しがちなタイプ・・・野菜嫌い、レバー、鶏卵、乳製品を摂らない人。
  • おすすめ食材・・・レバー、うなぎやあんこうの肝、しそ、モロヘイヤ、にんじん、パセリ、バジル、ほうれん草、茹で春菊、海苔などの海藻類。茹で野菜にビタミンEのゴマやナッツ類を和えると吸収率アップ。
  • 摂取する場合・・・レチノールは過剰摂取NG。ビタミンAは、高温の長時間調理には不向きなので、短時間調理をおすすめ。

 

ビタミンCのおたすけレシピ(アボカドディップのオープンサンド)

ビタミンCのおたすけレシピ(アボカドディップのオープンサンド)

作り方: ヨーグルト(サワークリームなどでもOK)でディップ状にしたアボカドを、少し酸味のあるドイツパンなどにぬり、その上にスライスしたトマトや、ささっと炒めたパプリカやバジルなどをのせて朝の食卓にいかがですか。

ビタミンCは抗酸化作用を促し、血液サラサラ、コラーゲン生成などといったアンチエイジング機能が活発になり、免疫力アップ、メラニン色素沈着の抑制効果もあります。

  • 不足しがちなタイプ・・・喫煙者や酒飲み、ストレスを溜めてしまう人など。
  • おすすめ食材・・・赤・緑ピーマン、ゆずの皮、アセロラ、パセリ、芽キャベツ、レモン、トマト、アボカドなど。柑橘系の果皮(バイオフラボノイド含有)と組み合わせると吸収率も高まります。
  • 摂取する場合・・・回数は毎食。空腹時ではなく満腹時に摂取する方が吸収されやすくなります。

 

ビタミンB2のおたすけレシピ(和食の優等生、納豆)

ビタミンB2のおたすけレシピ(和食の優等生、納豆)

作り方: 添えられた納豆のタレはちょっぴりマンネリ味。たまには気分を変えて、白ダシ+ごま油+生卵(卵と納豆は1日の半分以上の栄養素が摂れる名コンビ)を納豆に加えます。他にもポン酢+ごま油+プチトマトに納豆で酒の肴の逸品に。

美肌にいちばん必要なのはビタミンCと思われがちですが、実はビタミンB群!ビタミンB2はお肌の粘膜に働きかけ、乾燥による肌炎症を防いで新陳代謝を高めます。同時にたんぱく質の吸収も助けてくれるので、大豆や納豆、乳製品を一緒に摂るのもおすすめです。

  • 不足しがちなタイプ・・・飲みすぎ、日焼け、口内炎や湿疹ができやすい、肩こりや腰痛気味な人。
  • おすすめ食材・・・アーモンド、チーズ、うなぎ、レバー、納豆、卵など。
  • 摂取する場合・・・ビタミンB群は加熱すると破壊されやすいので、なるべく生で摂取しましょう。

 

いかがでしたでしょうか?これらの栄養素の効果を最大限に発揮するには、1つや2つといった単品ではなく、チームワークで効果が高まりますので、摂取バランスを心掛けるようにしましょう。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

シミウスの効果と口コミ

シミウスの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る