日焼け止めのSPF/PAとは?正しい紫外線対策を身につけよう


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

日焼け止めランキング【敏感肌編】ベスト3

猛暑と強烈な日差しが続く毎日ですが、皆さん日焼け対策はしっかり出来ていますか?今回は強い紫外線からもお肌を守れるよう、SPF、PAといった紫外線対策の用語の解説や、正しい日焼け止めの使用方法についてご紹介したいと思います。

 

紫外線にも種類がある?

紫外線にも種類がある?

まずは紫外線についてお話したいと思います。紫外線は、地上に届く光の中でも波長の短いものを言い、その中でも波長の長さによって、紫外線A波(UV-A)、紫外線B波(UV-B)、紫外線C波(UV-C)の3つに分類されます。このうち最も波長の短いUV-Cはほとんど地表へは到達しません。つまり、私たちが普段浴びている紫外線はUV-AとUV-Bの2種類となります。2つの紫外線の特徴は以下のとおりです。

・UV-A

日差しを浴びた後に、お肌をすぐ黒くする(=即時黒化)紫外線。雲や窓ガラス、衣類なども通過して、お肌の奥深く真皮まで届き、シワやタルミなどの原因となります。

・UV-B

主に表皮に強く作用して、日差しを浴びた数時間後にお肌に赤く炎症を起こす紫外線。メラニンを増加させて日焼けによるシミ・ソバカスの原因を作ります。

 

SPF/PAとは?

日焼け止めのSPF、PAとは?

日焼け止めなどのサンケア化粧品には、紫外線を防ぐ効果を分かりやすく示した「サンケア指数」があります。これがSPFとPAです。それぞれ説明していきます。

・SPF (Sun Protection Factor)

SPFとは、UV-Bによるサンバーン(赤くなる日焼け)を起こすまでの時間を、どれだけ伸ばすことが出来るかを示す数値です。何も塗らない場合では、日本人の場合20分程度でサンバーンを起こすと言われています。たとえばSPF20の日焼け止めの場合、20分×20(SPF)=400分間、サンバオーンが起きるのを遅らせることが出来るという意味になります。

・PA (Protection Grade of UV-A)

PAとは、UV-A照射後2~24時間で皮膚が黒くなる、即時黒化を指標にしたものです。「PA+」(UVA防止効果がある)、「PA++」(UVA防止効果がかなりある)、「PA+++」(UVA防止効果が非常にある)、「PA++++」(UVA防止効果が極めて高い)の4段階で表されます。

 

正しい使用法を守らなければ、効果は限りなくゼロになる

正しい使用法を守らなければ、効果は限りなくゼロになる

日焼け止めに表示されているSPFとは、皮膚1cm²あたり2mgの日焼け止めを塗った場合の数値を表しています。これを顔全体の量に換算すると、おおよそ500円玉大の量になります。かなり多いですよね。実際はその4分の1程度しか塗られていないと言われているそうです。製品によっても異なりますが、塗る量が半分だった場合、SPFの効果は約4分の1になるそうです。これではいくらSPFの高いものを使用していても、ほとんど効果がなくなってしまうことになります。多いかな?と思う位しっかりと塗ることと、こまめな塗り直しを徹底するように心がけましょう。

 

日焼け止めのSPFとは

いかがでしたでしょうか?せっかく日焼け止めを使用するなら、きちんと使用量を守って、その効果を最大限発揮できるようにしたいものですね。また、紫外線は夏だけでなく冬も降り注いでいますので、年間を通して注意必要があります。特に雪の降る地域では、雪による紫外線の反射が増えるため油断は禁物です。正しい知識を身につけて、紫外線からしっかりとお肌を守りましょう!

 

参考資料:
日本化粧品工業連合会HP (化粧品を正しく使っていただくために 紫外線編)

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

シミウスの効果と口コミ

シミウスの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る