シミの出来るメカニズムとは?メカニズムから分かるシミの予防法!


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

女性なら誰しも出来てほしくないお肌のシミ、皆さんはどの様にしてシミが出来るかご存知でしょうか?一言にシミといっても種類があり、それぞれ出来てしまう原因は違います。今日はシミと言われるものの大半を占める「老人性色素斑」というタイプのシミが出来るメカニズムとその予防法についてご紹介したいと思います。

 

主な原因は紫外線!

シミの出来るメカニズムの中で主な原因は紫外線

老人性色素斑は、ほほ骨の辺りに出来る直径1~数cmの丸くて茶色いシミのことを言います。女性がシミが出来てしまった!と悩むシミの大半がこちらのタイプのシミになります。老人性色素斑ができる大きな原因は紫外線です。まずは紫外線によってシミが出来るメカニズムを説明していきます。

お肌に紫外線が当たると、紫外線の刺激によって「メラニンを作りなさい」という指令がメラニンを作るメラノサイトというところへ出されます。この指令によって、チロシナーゼという酵素の働きが活性化され、アミノ酸の一種であるチロシンからメラニンが生成されます。そして生成されたメラニンは、通常はお肌のターンオーバーによって角質層へと移動し最終的に角質とともに垢となって体外に排出されます。

ではなぜ紫外線を浴びるとメラニンが作られるのでしょうか?お肌に紫外線が当たると、お肌の細胞が破壊されたり、細胞の核に中にあるDNAが傷つくことで変異してしまい、結果として皮膚ガンなどを引き起こす恐れがあります。それを防ぐために、お肌はメラニンを作りだし、お肌の表面を覆うことで、肌の深部まで紫外線が届かないようにしているのです。メラニンはお肌を守ってくれているのです。

しかし、お肌を守るためのメラニンも作られすぎるとシミの原因となってしまいます。何度も繰り返し紫外線を浴び続けてしまうと、メラノサイトが活発化してメラニンが過剰に作られてしまいます。さらに進むと、メラノサイト自体の数が増加し、メラニンがどんどん作られてしまいます。その結果、作ったメラニンを全て排出することが出来ず、シミとなってしまうのです。また、紫外線や老化、寝不足や様々なストレスによって、ターンオーバーが正常でなくなると、メラニンの排出も滞りがちになり、よりシミが出来やすい状態となってしまいます。

 

どの様にしてシミを防ぐ?メカニズムから分かるシミ予防法

シミ・シミの出来るメカニズム

ではどの様にすれば老人性色素斑が出来るのを防ぐことが出来るのでしょうか?このタイプのシミには、初期の段階では美白化粧品の使用が有効です。美白化粧品には様々な美白有効成分が配合されていますが、その多くはメラニン生成のメカニズムの間を阻害する効果がありますので、普段からシミが出来るのを防ぐ意味もこめて美白化粧品で美白ケアを行うと良いでしょう。

またシミを防ぐためには、メラニンの生成を防ぐのと同じくらいお肌のターンオーバーを正常に保つことが大切になります。そこでおすすめなのがピーリングです。ピーリングを行うことによってお肌の代謝が上がり、メラニンの沈着が予防されます。市販されているホームピーリング剤を使った角質ケアを定期的に取り入れてみましょう。また、寝不足やストレスもお肌のターンオーバーを崩す原因ですので、出来るだけ規則正しい生活をするように心がけましょう。

 

シミの出来るメカニズム

いかがでしたか?シミの出来るメカニズムを知ると、具体的な予防方法が見えてきますよね。もちろんお肌の紫外線対策もお忘れなく!

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

シミウスの効果と口コミ

シミウスの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る