お茶パックで美白ケア?!緑茶の驚くべき美肌パワーと実践法


→ 【必見】頑固なくすみを消した裏ワザ♪

お茶パックで美白ケア

いま話題の「お茶パック」をすでに耳にされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?このお茶パック、美白効果だけでなく、ニキビケアや毛穴ケアまで様々な肌トラブルに効くと評判なのです!今回はそんなお茶パックで期待できる効果から、パックの実践方法まで詳しく紹介しちゃいます!是非お茶パックで綺麗な美肌を手に入れましょう。

 

美白以外にも!お茶パックで期待できる効果とは?

美白以外にも!お茶パックで期待できる効果とは?

お茶パックでは具体的にどんな効果が期待できるのでしょうか?効果があるといわれるものについてまとめてみます。

・美白効果

まずは美白効果です。緑茶にはレモンの約4倍のビタミンCが含まれていると言います。この豊富なビタミンCがメラニンの生成を抑えてくれるので、美白効果が期待できます。

・抗菌作用

お茶の抗菌作用はアルコールよりも強いとされています。この高い抗菌作用によってお肌の雑菌を取り除いてくれるので、ニキビの予防や改善の効果が期待できます。

・抗酸化作用

お茶にはビタミンC、ビタミンE、カテキンといった、高い抗酸化作用を持つことで知られる成分が豊富に含まれています。シミの元であるメラニンの生成はもちろんのこと、シワなどのお肌の老化の原因である活性酸素を除去してくれるので、様々な美肌効果が期待できます。

・収斂作用

緑茶にはお肌を引き締める収斂作用があるとされていますので、緑茶をお肌につけると、毛穴が引き締まります。さらに毛穴が引き締まることによって、余分な皮脂の分泌も抑えられますので、ニキびの予防や改善の効果も期待できます。

 

お茶パックのつくり方は?

お茶パックのつくり方は?

それではお茶パックの作り方と行い方についてご説明します。まずは材料になりますが、用意するものは以下のたったの3つだけ!

・すり鉢やミルなどで粉状にした茶葉または市販の粉末状の抹茶

・小麦粉

・水

続いて作り方です。

粉状にした茶葉と小麦粉を1:2の割合でボウルなどの容器へ入れ、そこへ水を少しずつ加え混ぜ合わせていきます。耳たぶくらいの固さになれば完成です。

完成したパックをお肌に塗り、5~15分置いた後、ぬるま湯で洗い流します。パックが完全に乾いてしまうと、お肌が荒れる原因となり逆効果になる可能性がありますので気をつけましょう。顔だけでなく首や手の甲などにも塗っても良いですね。また、お肌に合わない可能性もありますので、必ず手の甲などでパッチテストを行ってから顔に塗るようにしましょう。衛生上の観点からも作ったお茶パックは一度で使い切ることをオススメします。

 

お茶パックだけじゃない!お茶を使ったその他の簡単美白ケア

お茶パックだけじゃない!お茶を使ったその他の簡単美白ケア

お茶パック以外にも茶葉を使った簡単な美肌ケアをご紹介します。出がらしのお茶っ葉をお茶パックに入れて入浴剤として利用してみましょう。小麦粉の使用に不安がある方でも、これなら安心して行うことが出来ます。ただし、一番茶では少し刺激が強すぎますので、お茶の葉は出がらしのものを使用してくださいね。

お茶パックで美白ケア

いかがでしたか?ご自宅にあるもので簡単にできるお茶パック。しかも美白にニキビケアなど様々な効果が期待できるとなれば、試してみる価値は大有りですね!夏の日差しで疲れきっているお肌をお茶の美肌パワーで蘇らせてあげてはいかがでしょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうくすみで悩む必要はありません!

コンシダーマルの効果と口コミ

コンシダーマルの効果を口コミから検証!果たしてくすみは消えるのか!?

ページ上部へ戻る