日焼け止めスプレーの選び方☆美白のプロが教えるおすすめは?


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

日焼け止めについては、色々な種類がありますが、お手軽なスプレータイプも人気が高いようです。そもそも、日焼け止めの種類には何があるのか、おすすめの日焼け止めは何なのか、調べてみました。

 

 

■日焼け止めの種類

日焼け止めにはどんな種類があるのでしょうか?

 

・クリームタイプ

保湿効果に優れており、肌によくなじむため乾燥肌、敏感肌の人におすすめです。クリームタイプだとメイクの下地を兼ねることができるので、お肌への刺激が少なくてすみます。

 

・ミルクタイプ

オイリー肌の方、夏の暑い時に使う場合は肌がサラッと仕上がるので、オススメです。

 

・パウダータイプ

最後の仕上げに使うと、お肌をきれいに見せることができます。オイリー肌の人にはより効果があり、塗り直しにも手軽に使えます。

 

・ジェルタイプ

保湿効果にすぐれ、乾燥肌は勿論ですが、乾燥すると日焼けをしやすくなるので、全ての肌タイプの人に有効です。

 

・スプレータイプ

腕や背中など広い範囲をカバーしたい時におすすめです。下地で日焼け止めを塗っておき、その上からスプレーするか、塗り直しの時に使うのがおすすめです。

 

 

■スプレータイプの日焼け止めの注意点

shutterstock_96928304

スプレータイプの日焼け止めを塗る前に、肌についている汗や脂を拭き取ってからスプレーしましょう。これだけでも、日焼け止めの効果が全然違います。

また、意外と盲点なのが髪の毛。髪の毛も日焼けで痛んで乾燥し、パサパサになっていきます。お肌だけでなく、髪の毛の日焼けも防ぐために、スプレータイプの日焼け止めは便利です。

スプレータイプは広い範囲の紫外線対策には便利ですが、その特性上、ムラになりやすいため、クリームタイプなどの日焼け止めを先に塗っておき、重ね塗りとしてスプレーをするか、外出時など、化粧直しに時間がかけられない時に塗り直しとして使うと良いでしょう。

 

 

■スプレータイプの日焼け止めの選び方

shutterstock_70050244

スプレータイプの日焼け止めは手を汚さないというお手軽感が一番のポイント。スプレータイプの日焼け止めが一番活躍するのは、やはり外出先です。

スプレータイプの日焼け止めを購入する際にチェックするポイントをあげてみました。

 

・メイクの上からも使える。

・ストッキングの上からも使える。

・無色透明で白浮きしない。

・髪の毛にも使える。

・保湿美容成分配合。

・無香料で香水の邪魔をしない(もしくは香りが良い)

・速乾タイプである。

 

 

■おすすめのスプレータイプの日焼け止め

shutterstock_139893979

ここでは、具体的にスプレータイプの日焼け止めをコスメ・美容総合サイト「@cosme」のランキングからおすすめ順に紹介します。

 

・1位:Ajuste(アジャステ) 「UVカットスプレー クリーンシャボン」

「安くて大容量」そして「香り」で評価が高いのようです。

 

・2位:メンソレータム 「スキンアクア サラフィットUV さらさらUVシャワー アクアフローラルの香り」

ほのかに残る香りが良い、デオドラント効果もあるかも?と強すぎず上品な香りが人気のようです。

また、スプレーしても白く残らないので、黒い服を着ていても気軽に使える、というのもポイントです。

 

・3位:アネッサ 「パーフェクトエッセンスUVスプレー」

使用感ではベタつきがなく、サラサラで白くならない、さらにムラ焼け防止設計で軽く吹き付けるだけで満遍なくつけられることが人気です。

 

自分がどのようなシチュエーションで使いたいかをイメージした上で、上記のどのポイントを重視するかを考えて、スプレータイプの日焼け止めを購入したいですね。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ページ上部へ戻る