美白のための化粧品!安いものってぶっちゃけ効果があるの?


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

皆様は化粧品を購入する際、何を基準にされているでしょうか?「ブランド」、「効果」、「使用感」、「口コミ評価」、ユーザーによって様々だと思いますが、「価格」も化粧品を選ぶ際に重要な要素となりますよね。一般的に化粧品は、価格によって「低価格帯(~1000円)」、「中価格帯(1000円~5000円)」、「高価格帯(5000円~)に分けられます。この季節に多くの方がお使いの美白化粧品にも、低~高価格帯がありますが、どの価格帯のものが美白効果が高いと思いますか?今回は、美白効果と価格についてご紹介いたします。

 

低価格帯のものは美白効果がない?

低価格帯のものは美白効果がない?
美白を手に入れるために、特に化粧水はたっぷりじゃぶじゃぶ使いたい!だからどうしても価格の安い美白化粧水に頼りがち、でも低価格のものは効果があるのか心配、という不安を抱えている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?ご安心ください。医薬部外品に限りますが、価格帯によって美白効果に差はなく、低価格帯のものでも美白効果はあります。

何故なら、医薬部外品にするためには、国が認めた美白の有効成分を配合しなければなりません。しかも、配合量も決められています。例えば、アルブチンは昔から使われている美白の有効成分ですが、有効成分としてアルブチンを配合した医薬部外品であれば、1000円の商品でも、10000円の商品でも、アルブチンの配合量は全く同じなので、美白効果に差はありません。ですから低価格帯でも、医薬部外品であれば美白効果はありますので、安心してお使いください。

化粧品の価格の差の理由って?

 化粧品の価格の差の理由って?
価格によって美白効果に差はありません。では何故、価格差はあるのでしょうか?化粧品や医薬部外品は、医薬品に比べて効果が現れるのに時間がかかりますから、ユーザーに長く使ってもらう必要があります。長く使うためには、感触(使用感)が重要ですよね。感触が悪いものは長く使えませんから。高価格帯のものは、圧倒的に感触が良いです。肌触りの良いなめらかな油を使ったり(乳液、クリーム)、肌なじみを良くする工夫をしたり(化粧水)、ユーザーに長く使ってもらうために、お金と時間をかけて、感触の作り込みをしています。

また、高価格帯のものは容器も素晴らしいです。お金をかけて、オシャレで機能的な容器に仕上げています。このように価格による美白効果の差はありませんが、感触、容器形態に大きな差が生まれるのです。しかし最近は、低価格帯のものでも感触が良い商品はたくさんあります。やはり、長く使う上で感触は重要ですから、一度テスター品をお使いになって好みの感触なのか判断されるのが良いでしょう。

 

医薬部外品に限って、価格による美白効果に差はありません。しかし、美白を謳う化粧品の場合は、価格が高いほうが効果が高い傾向にあります。医薬部外品の場合は、美白の有効成分の配合量が決められていますが、化粧品の場合、美白効果のある成分(例えば植物エキス)の配合量はメーカーの判断に委ねられます。

そのため、販売価格が高ければ、その分、原材料費にかけられますから、これら成分を多く配合することが出来るからです。ただし美白を謳う化粧品よりも、美白効果が立証され、国から認められた有効成分を配合している医薬部外品をおすすめいたします。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

シミウスの効果と口コミ

シミウスの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る