背中に湿疹ができるのはどうして?原因と治し方!


→ 【必見】頑固なくすみを消した裏ワザ♪

背中に湿疹ができるのはどうして?原因と治し方!

顔に出来るシミと違って、湿疹など背中の肌トラブルは、なかなか気が付きません。かゆみやふと鏡を見た時に、たまたま気が付くかもしれませんが、その時にはすでに跡になっているかもしれません。そのため、跡を残さずきれいなお肌を保つためにも、背中の湿疹はすぐにケアが必要です。そこで、背中に出来る湿疹の原因とケア方法をご説明いたします。

 

背中の湿疹の原因

背中に湿疹ができるのはどうして?原因と治し方!
背中の湿疹の原因には、体外からの「外的要因」と、体内からの「内的要因」があります。

<外的要因>
背中に接触する何かしらの異物や、外部環境からの刺激が原因です。紫外線が過度に照射されると炎症が起こり、ケアを怠ると、湿疹になります。特に背中は、日焼け止めが塗りにくいので、紫外線に対する防御が十分ではない可能性があります。海や屋外プールでのレジャーの際は、ウォータープルーフタイプの日焼け止めを全身に塗るようにしてください。

また、シャンプーやボディーソープの洗い残りにも注意が必要です。洗い残りの大部分は、シャンプーやボディソープに含まれる、界面活性剤と油です。これらは酸化しやすく、背中に残るとお肌にダメージを与える可能性があります。最近は浴槽につからず、シャワーのみで済ます方も多いので、洗い残しには十分注意してください。

<内的要因>
アレルギー体質、乾燥、皮脂分泌異常など、身体の内側からの因子が原因です。ホルモンバランスの乱れや過度なストレスは湿疹につながりますので、睡眠、食事に留意して、規則正しい生活を心がけてください。
また、乾燥によっても湿疹ができます。乾燥によってお肌の水分量が低下すると、角質層に乱れが生じ、バリア機能が正常に働かなくなります。すると、普段は問題ともしない、ちょっとした刺激や雑菌でも湿疹の原因となってしまうので、特に乾燥する冬は、保湿ケアを忘れずに行ってください。

 

背中の湿疹のケア方法

背中の湿疹のケア方法

背中の湿疹のケアには、外用剤が効果的です。外用剤には医薬品と化粧品(医薬部外品を含む)がありますので、以下の特徴をご認識頂き、ご自身の症状に合わせてご使用ください。

<医薬品>
「ステロイド系」と「非ステロイド系」があります。ステロイド系は、効果は高いですが、副作用の可能性がありますので、用量をよく守ってお使いください。非ステロイド系は、ステロイド系に比べて効果はやや緩慢ですが、比較的安全にご使用いただけます。ただし、いずれも医薬品なので(副作用の可能性あり)、長期間の使用は避けるようにしてください。また、症状に改善が認められない場合や、悪化した場合は、すぐに使用をやめ、皮膚科へ受診するようにしてください。
湿疹に対応したステロイド系の外用薬は「第2類医薬品」で、非ステロイド系は「第3類医薬品」が多いようです。いずれも市販薬ですので、お医者様の処方箋がなくとも購入することができます。

<化粧品(医薬部外品)>
医薬品の使用に抵抗がある方は、化粧品(医薬部外品)をお使いください。湿疹の多くは乾燥が原因なので、保湿効果の高いボディクリームを、たっぷりの量、塗るようにしてください。
医薬品と違い、副作用の心配はございません。ですから長期間のご使用が可能です。ただし、アレルギー体質など、湿疹の原因が乾燥でない場合、症状が悪化する場合がございます。その際は、すぐに使用をやめ、皮膚科へ受診するようにしてください。

 

湿疹のケアには医薬品または化粧品の塗布が効果的です。
湿疹はかゆみを伴う場合がありますが、症状が悪化するため、かきむしるのは絶対にやめてください。さらに、湿疹跡がお肌に残る場合もございますので、早めのケアを心がけてください。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうくすみで悩む必要はありません!

コンシダーマルの効果と口コミ

コンシダーマルの効果を口コミから検証!果たしてくすみは消えるのか!?

ページ上部へ戻る