背中の湿疹が嫌だ!かゆみと跡を消す薬ってないの?


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

背中に出来る湿疹は、かゆくても手が届かないし、そのまま放置すると跡が残る可能性があるので嫌ですね。今回は、背中の湿疹のかゆみと跡を消す薬について説明いたします。

 

かゆみを止めるためには「内服薬」

1. かゆみを止めるためには「内服薬」

かゆみを引き起こす代表的な物質に「ヒスタミン」があります。通常、ヒトの細胞内にあるヒスタミンですが、様々な刺激によって細胞の外へ放出されると、神経を刺激してかゆみを引き起こします。ですから、背中の湿疹のかゆみを抑制するためには、抗ヒスタミン剤の内服が効果的です。ただし、眠気やだるさなどの副作用を伴う可能性がございますから、用量をよく守ってご使用ください。

<佐藤製薬 スラジンA (第2類医薬品)>

抗ヒスタミン作用のあるクロルフェニラミンマレイン酸塩と、血管収縮作用のあるdL-メチルエフェドリン塩酸塩が配合されている市販薬です。ドラッグストアで購入することが出来ます。
背中のかゆみに我慢できなくなったら、患部に局所的にご使用ください。

 

跡を残さないためには「外用剤」

跡を残さないためには「外用剤」

外用剤には、「ステロイド系」と「非ステロイド系」があります。ステロイド系は、効果は高いですが、皮膚が薄くなって弱くなるといった副作用もありますから、長期の使用は避けるなど、用量をよく守ってお使いください。非ステロイド系は、ステロイド系に比べ効果は低いですが、副作用が少なく、比較的安心してお使い頂けます。ご自身の症状に合わせてお選びください。

-ステロイド系外用剤-

<資生堂薬品 エンクロン軟膏EX(第2類医薬品)>
ステロイド剤にプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルが配合されていて、背中の湿疹などの炎症を鎮める効果があります。
プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルは、皮膚表面の患部で効果を発揮した後、体内に吸収されると、低活性になる性質を持ちます。

<第一三共 ベトネベートN軟膏(第2類医薬品)>
ステロイド剤にベタメタゾン吉草酸エステルが配合されており、湿疹などの皮膚の炎症にすぐに効果を発揮します。油性基剤のため、ジュクジュクした患部に適しています。

-非ステロイド系外用剤-

<興和新薬 レスタミンコーワ パウダークリーム(第3類医薬品)>
ステロイド剤は配合されていません。抗ヒスタミン成分と抗炎症成分が配合されているので、湿疹などに優れた効果を発揮します。
また、やわらかく伸びの良いクリームのため、ベトベトせず、パウダーをつけたようなサラサラの使用感です。

<ユースキン製薬 ユースキンA(医薬部外品)>
使用場面に合わせ、ジャー、ポンプ、チューブの3形態あります。
医薬品ではなく、医薬部外品なので、副作用の心配はなく、安心してご使用頂けます。
また、血流改善成分であるビタミンE酢酸エステル、消炎成分であるグリチルレチン酸、さらに保湿成分も豊富に配合されていますから、長く使い続けることで効果が期待できます。

 

おわりに

背中のかゆみは、大変辛いものです。また、背中の湿疹跡は、水着やキャミソールなど、露出の多い衣装を着るときにお肌が汚く見えてしまいます。
ですから、内服薬と外用剤で、症状がひどくなる前に、適切なケアをしてください。
ただし、市販薬をお使いの場合、症状に改善が認められない時や症状が悪化した時は、すぐに使用を中止し、皮膚科医に見てもらうようにしてください。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

ページ上部へ戻る