吹き出物ができる原因っていったい何?


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

吹き出物とはいわゆる大人ニキビのことで、要するに”ニキビ”なんですよね。10代の頃にできる思春期ニキビで悩んだ経験がある方も少なくないはず。でも残念ながら肌年齢も環境も変わっているので、同じ原因で吹き出物ができしまっているわけではありません。それなのに思春期ニキビと同じお手入れをしていると、ますます悪化する恐れもあるのです。今から大人ニキビである吹き出物の原因を解明していきたいと思いますので、健康な肌を手に入れたい方はぜひ参考にしてください。

 

吹き出物の基礎知識

皮膚の表面を覆いバリア機能を果たしている皮脂は、季節や年齢、環境などで変化はあるものの全身で1日平均1~2g分泌されています。バランスの良い皮脂の分泌は美肌に欠かせないものなのですが、この皮脂が何らかの要因で毛穴に詰まってしまうと吹き出物になってしまうのです。吹き出物を防ぐために皮脂をきちんと分泌させて、しっかりと毛穴から排出させることが重要。この機能を妨げるメカニズムは代謝の悪化によるターンオーバーの乱れと乾燥なのですが、原因は多岐に渡るため自分がどの症状に当てはまるかしっかり見極めることが大切です。

 

吹き出物の外的要因

吹き出物の外的要因

間違ったスキンケア

クレンジングや洗顔で皮脂を必要以上に取り除いてしまうと肌のバリア機能の低下や角質層の水分不足が起こります。それによって角質が厚くなったり、ターンオーバーが乱れて古い角質が残り硬くなってしまいます。またホームケアによる過剰なピーリングもターンオーバーの乱れを引き起こします。

紫外線による刺激

紫外線を浴びると、皮膚が傷めつけられるために細胞の修復が活発になりターンオーバーの周期が早くなります。ターンオーバーは早すぎるのも問題で、成熟していない細胞が表皮に残ってしまいトラブルを引き起こします。

エアコンなどによる外気の刺激

エアコンにより肌が乾燥して角質が固くなったり、クーラーで体が冷えると血行不良となり新陳代謝が停滞してターンオーバーの乱れにつながります。

 

吹き出物の内的要因

吹き出物の内的要因

栄養バランスの乱れ

偏食や過度のダイエットなどにより必要な栄養素が不足すると、皮脂腺を刺激する作用が働いてしまったり、新しい皮膚の生成が停滞してターンオーバーが乱れてしまいます。また免疫力も低下するため、ニキビ菌が繁殖しやすくなってしまいます。

ストレス

ストレスを受けると交感神経が働き、男性ホルモンの分泌を促します。男性ホルモンは皮脂の分泌量を増やし角質を厚く硬くしてしまいます。

睡眠不足

睡眠中に肌の調子を整える成長ホルモンが分泌されるため、睡眠不足になると肌の細胞が傷ついた状態で老化していくために肌機能を低下させてターンオーバーの乱れを引き起こします。

生理周期

排卵後に分泌される黄体ホルモンには皮脂分泌を増やします。また肌の水分量を低下させる作用もあるのでさらに肌の不調を引き起こします。

 

吹き出物の原因は、日常生活に潜んでいるものばかり。吹き出物を治すには生活習慣を見直すことから始めてみましょう。免疫機能を高める健康的な生活を心がけることが吹き出物を克服する近道なのです!

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

シミウスの効果と口コミ

シミウスの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る