クレンジングで肌に負担のかからないおすすめな商品は?


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

クレンジング,おすすめ

オイルクレンジングは、クレンジング力が高い優秀なメイク落としですが、肌への負担という点から、敬遠する方がいらっしゃいます。このように、お肌への負担を優先してメイク落としを選ぶ方は多いと思います。そこで今回は、お肌に負担のかからないメイク落としをご紹介いたします。

 

お肌に負担のないメイク落としを選ぶポイント

メイク落としがお肌に負担があると言われるのは、メイク汚れだけでなく、皮脂など、お肌にとって必要な成分も一緒に落としてしまう場合です。オイルクレンジングがまさにこれに該当しますが、オイルクレンジングは油ベースで、大量の油でメイク汚れを落とします。このように、油ベースのメイク落としは、皮脂まで洗い流してしまうので、お肌のことを考えるのであれば、水ベースのメイク落としを選ぶようにしてください。水ベースであれば、美肌成分の配合も可能なので、美容液効果も得られることが出来ます。

 

おすすめのメイク落とし

おすすめのメイク落とし

<クレンジング リキッド (オルビス)>

この商品は、14年連続でオルビス売り上げNO.1です。このずば抜けた人気の高さが、品質の良さを物語っています。オイルカットのオルビスですから、この商品も例外ではなく、油は一切配合されていません。水ベースのメイク落としですから、お肌への負担はなく、それでいて、納得のクレンジング力を有します。ウォータープルーフタイプを除き、通常のメイク汚れであれば、これ一本で十分でしょう。水ベース故に、洗い上がりも大変良好で、30%以上もの保湿成分も配合されていますから、美容液効果も期待できます。お肌への負担を考えるならば、是非おすすめの一品です。

 

<トリートメント クレンジング ミルク (カバーマーク)>

 

美容液生まれのメイク落としです。水ベースで、美容液成分が89%も配合されています。この商品に代表されるミルクタイプのメイク落としは、成分構成が乳液とほぼ同じなので、非常に高い美容液効果を得ることが出来ます。しかし、クレンジング力は劣ります。乳液ではメイクは落ちませんよね。それと同じです。普段メイクをあまりしない方(薄付きの方)や、敏感肌など、お肌が弱い方におすすめの商品です。

 

<リペア クレンジングクリーム (コスメデコルテ AQミリオリティ)>

クリームタイプのメイク落としで、たっぷりの油でメイク汚れを落とします。界面活性剤も配合されており、洗い上がりも問題ありません。たっぷりの油が配合されていますから、クレンジング力が高く、また、水ベースでもあるので、お肌への負担も少ないです。美肌効果のあるエキスも豊富に配合されています。価格が高いという難点はありますが、価格に見合った効果と実感を得られる商品です。お肌への優しさは大切だけど、クレンジング力にも妥協できない、という方におすすめです。

 

おすすめのメイク落とし

お肌への優しさを重視するならば、ジェルやミルク、クリームといった水ベースのメイク落としを選ぶようにしてください。水ベースのメイク落としは、W洗顔不要というものが多いです。確かに、洗い上がりがいいので、オイルクレンジングのように、油特有のヌルヌル感は残りませんが、その後の化粧水の浸透のためにも、汚れやメイク落としは完全に洗い流す必要があります。

 

そのため、本当にお肌のことを考えるのであれば、W洗顔し、基礎化粧品が浸透しやすい状態にしてあげることをおすすめいたします。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ページ上部へ戻る