ほうれい線ができる前に予防しよう!おすすめの対策は?


→ 【必見】頑固なくすみを消した裏ワザ♪

顔のパーツ別に見るしわの種類

鏡に映った自分の顔をみて「老けたなあ」と思ってしまうことはありませんか?それはほうれい線が原因かもしれませんよ。日常のケアを怠っていたり乾燥や不規則な生活、表情筋が劣るとほうれい線ができやすくなります。若さを保つためにはほうれい線ができないように予防することが大切です。今回はほうれい線の予防や対策について紹介します。

 

ほうれい線をつくらないための予防策

ほうれい線をつくらないための予防策
ほうれい線を作らないためには日常生活の心がけが大切です。

・規則正しい生活
規則正しい生活はお肌の健康を守るために大切なことです。睡眠不足など不規則な生活はお肌の大 敵です。

・栄養バランスの摂れた食生活
暴飲暴食や外食など栄養バランスが崩れると体ばかりでなくビタミンやミネラルが不足して吹き出物やシミ、くすみなどの原因となります。身体の中からお肌を労わることが大切です。

・紫外線対策
紫外線はお肌の大敵と言われるように乾燥や肌のバリア機能を乱し、しわやシミ、くすみを増やしてしまいます。

・保湿ケア
洗顔後にすぐに化粧水をつけない場合、お肌の水分が蒸発して乾燥を招きます。乾燥はしわの原因となるので洗顔後はすぐに化粧水などで保湿してあげましょう。

・適度な運動で浮腫み解消
適度な運動はリンパや血液の流れを促し、シミやくすみ解消に役立ちます。本格的な運動を行う必要はありませんが、散歩をしたり階段を使用するなど簡単にできることから始めましょう。

・早期のケア
シミやくすみ、しわなど早期に気づいたら早めの対策で悪化するのを防ぐことができます。

 

ほうれい線・おすすめの対策

ほうれい線・おすすめの対策

1.紫外線対策
何といっても紫外線はお肌に良いことはありません。紫外線はお肌の細胞にダメージを与えバリア機能を弱めてしまい、シミやしわ、くすみの原因になります。

日焼止めを塗るならSPF35〜50、PA+++〜++++の日焼け止めが効果的です。また化粧品も紫外線対策効果のある物を使用するとダブルの効果が得られます。その他、陽ざしの強い時間帯を避けて買い物に出かけたり帽子や日傘などを使用するなど紫外線対策も忘れずに行いましょう。

2.規則正しい生活
加齢と共にコラーゲンの生成や分解が乱れはじめ、更に長年にかけて浴びた紫外線の影響が出て肌にハリがなくなりしわが増え始めます。規則正しい生活やたっぷりの睡眠は肌細胞に関与するホルモンの分泌を促し肌のハリを維持してほうれい線対策に役立ちます。また40歳代以降の無理なダイエットはほうれい線の原因になるので、太らないようにすることも大切です。

3.栄養バランスの摂れた食事
栄養バランスの摂れた食事はお肌の健康を保つには大切な事です。ビタミン類やミネラル、必須アミノ酸が不足するとお肌のハリを保つコラーゲンの生成が弱くなり、たるみやしわの原因となります。
魚類にはコラーゲンの生成を助けるミネラルが多く含まれているため果物や野菜、海藻類、魚介類などバランスよく食事を摂取するようにしましょう。

 

ほうれい線の予防や対策について紹介しました。お肌を健康に保つためには外側からのケアばかりではなく身体の内から綺麗にすることが大切です。ほうれい線が気になりだしたらたっぷりの睡眠や栄養バランスの摂れた食事を心がけましょう。またサプリメントなど利用するのも効果がありますよ。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうくすみで悩む必要はありません!

コンシダーマルの効果と口コミ

コンシダーマルの効果を口コミから検証!果たしてくすみは消えるのか!?

ページ上部へ戻る