ほうれい線とはいったい何なの?何が原因?


→ 【必見】頑固なくすみを消した裏ワザ♪

多くの女性なら「ほうれい線」という言葉を一度は聞いたことがあるかもしれませんね。しかし、中には言葉を言っていてもどういったものなのか良く分からないという方もいるでしょう。今回はほうれい線について、ご説明いたします。

 

ほうれい線とは

ほうれい線とは
ほうれい線は顔の鼻の部分から口元の両端にかけて伸びる2本の線(境界線)を指します。肌のハリや弾力が低下するとほうれい線のしわができ、深く刻まれることがあります。30歳前後などお肌の曲がり角になるとほうれい線が目立ち始めますが、近年では生活環境の変化から若い世代でもほうれい線が現れるようになりました。ほうれい線ができるとファンデーションが入り込んだり、年齢より老けてみえるなど外見に影響してきます。次の章ではほうれい線ができる原因について説明していきます。

ほうれい線ができる原因

ほうれい線ができる原因
ほうれい線ができるには様々な原因が考えれますが、加齢以外でも肌の乾燥やたるみ、生活習慣などが関係していることがあります。

・肌の弾力・ハリの低下

紫外線や加齢などによってお肌の基本となる真皮の機能が低下するとたるみを引き起こします。真皮は肌の弾力を維持する働きがあり、この機能が衰えると肌に弾力がなくなり、ハリも失われます。

・表情筋が低下する

表情筋は顔にある筋肉です。会話をすることが少なくなったり、柔らかい食べ物ばかり摂取していると筋力が低下してしまいます。

・皮下脂肪の蓄積や増加

体重増加により、顔の皮下脂肪が増加するとたるみの原因となります。特に丸顔で柔らかい頬の人は筋肉が少なく、頬が垂れやすい状態となっています。またダイエットなどもたるみの原因となりほうれい線ができやすくなります。

・乾燥によるほうれい線

肌の水分を保持する役割のある皮脂膜、天然保湿因子(NMF)、細胞間脂質のバリア機能が低下すると水分が失われて乾燥して小じわの原因となります。

・生活習慣

睡眠不足やストレス、暴飲暴食なども肌細胞の活性を鈍らせてほうれい線ができる原因となります。そのほか肩こりなどで老廃物が蓄積されると血流が滞り、浮腫んでほうれい線が深くなります。

・骨格などの遺伝

骨格の形成など遺伝が関係してほうれい線が深くなることがあります。自分の両親のほうれい線が深い場合は骨格などでほうれい線ができやすいので注意が必要です。

 

ほうれい線ができやすいタイプ

ほうれい線ができやすいタイプ
日常生活や何気ない仕草、生活習慣などが関係してほうれい線ができてしまうことがあります。ここではほうれい線ができやすいタイプ又は目立ちやすいタイプの人を紹介します。

・丸顔で頬が柔らかい
・ダイエットをして体重の増減が激しい人
・日焼をしている
・仕事でパソコンを使用することが多い
・肩や首がこる
・姿勢が悪い
・洗顔後、しばらくたってから化粧水をつける
・片側ばかりで物を噛む
・口がいつも半開きになっている

以上のような生活習慣がある人は改善しないとほうれい線が深く刻まれてしまうので注意しましょう。

 

ほうれい線の原因について説明しました。何気なく行っている生活習慣がほうれい線を深くしてしまうのです。ほうれい線を深くしない為には肌の水分補給のほか規則正しい生活や日常の癖を直すことが大切です。近年はエアコンなどの使用から常に乾燥しやすい状態なので、体の内と外から水分を補給するようにしましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうくすみで悩む必要はありません!

コンシダーマルの効果と口コミ

コンシダーマルの効果を口コミから検証!果たしてくすみは消えるのか!?

ページ上部へ戻る