ソバカスの出来る原因とは?~紫外線対策でソバカスが濃くなるのを阻止しよう!~


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

ソバカスが出来る原因とは?

顔中にできてしまったソバカス、気になりますよね?何とかして薄くできないかと考えられる方も多いのではないでしょうか?今回は、ソバカスが出来る原因から出来る限り濃くさせない方法についてや、自宅で出来る改善法などについてご紹介していきます。自分でケアできるに越したことはないので、自分にできるものがあれば取り入れていきましょう!

 

ソバカスとは?

ソバカスが出来る原因とは?

ソバカスとは雀卵斑(じゃくらんはん)と呼ばれるシミの一種です。色は薄茶色のものがほとんどで、大きさは2~3mm程度です。形は良く見ると三角形や四角形で、鼻の付け根の部分を中心に頬全体に出来ます。「ソバカス」の意味は、そば殻を砕いて散らばしたような、という意味だそうです。また、ソバカスは紫外線の影響で濃くなってしまうことがあります。

 

どうしてソバカスはできるの?薄くすることは可能?

ソバカスが出来る原因とは?

では何故ソバカスはできてしまうのでしょうか?ソバカスは、遺伝性のシミであり、色白の人に出来やすく、10代からでき始めると言われています

ソバカスはシミの一種ではありますが、美白化粧品によるスキンケアではあまり効果が得られないことがわかっています。しかし、紫外線によってソバカスの色が濃くなってしまう可能性がありますので、紫外線対策は念入りに行うことをお勧めします。日常生活を送る上では、紫外線指数(SPF、PA)はそこまで高いものは必要ありません。SPF30程度の日焼け止めであれば十分紫外線を防止できます。

大切なのは「適量をこまめに塗りなおしてあげること」です。顔だけでも500円玉大程度の量の日焼け止めを塗る必要があります。かなり多く感じられるかもしれませんが、適量の半分の日焼け止めしか塗らなかった場合は、SPFの効果はおよそ4分の1になってしまうそうですので注意しましょう。

そして、内側からも紫外線の影響をブロックしましょう。ソバカスが濃くなってしまう原因はメラニン色素ですが、メラニン色素は紫外線の刺激によって発生した活性酸素がシグナルとなって作られ始めます。ですから、抗酸化作用のある食べ物をしっかりと摂ることで、体の中の活性酸素を除去してしまいましょう!

お勧めの食材は、ビタミンCの豊富なかんきつ類やブロッコリー、ジャガイモ、赤パプリカなどです。また、ビタミンAには抗酸化作用があるほか、肌や粘膜を正常に保つといわれていますのでこちらもお勧めです。ビタミンAを多く含む食材としては、人参、ほうれん草、レバーなどがあります。

ソバカスが出来る原因とは?

いかがでしたか?できてしまったソバカスにはレーザー治療が有効といわれていますが、お金もかかりますし、再発する恐れも否定できません。まずは、今回ご紹介したようなご自分で出来る対策から始めてみてはいかがでしょうか?自分でできる対策としてはそばかすを消すというよりはそばかすを悪化させないということになります。予防、対策もやらないよりはやったほうがいいので、悩んでいる方は食事や日焼け止めから取り入れていきましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

シミウスの効果と口コミ

シミウスの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る