肌が汚い女性の悪習慣!まずは習慣からかえていこう!


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

美肌のために日頃から欠かさずスキンケアをしているのに、肌が汚い。それはどうしてなのでしょうか?もしかしたらその原因はあなたの習慣にあるのかもしれません。何気ない日常の習慣が肌を汚くしているとしたら、今すぐにやめたいですよね。ここではキレイな肌に生まれ変わるために、日頃から気を付けたい悪習慣をご紹介しますので当てはまるものがないかチェックしてくださいね。

 

間違った洗顔

間違った洗顔

皮脂が気になったり、ニキビができやすいからと必要以上に洗顔をしていませんか?確かにお肌を清潔に保つことはとても大切なのですが、洗顔の目的は酸化した皮脂やメイクなどの汚れだけを落とすことです。必要な皮脂やうるおいまでも洗い流してしまうような洗顔を続けると、肌が乾燥するだけでなくバリア機能も低下して角質が厚くなってしまいニキビや毛穴の開きも引き起こしてしまうのです。

正しい洗顔方法は、よく泡立てた洗顔料でTゾーンから優しく洗い始めます。乾燥しがちな目元や口元は泡をのせるだけにしておきましょう。そして洗顔料がお肌に残らないようぬるま湯で洗い流したら、押さえるように水分を拭き取ります。ここで拭き残しがあると蒸発するときに肌の水分まで奪われるので気を付けてくださいね。洗顔後は3分以内に保湿するよう心がけましょう。睡眠中は肌のダメージが修復されるので、朝の洗顔は特に注意が必要です。Tゾーンなど脂っぽい部分を中心に軽く泡をのせるように優しく洗い、酸化した皮脂を洗い落とす程度にしましょう。

 

 

不規則な生活習慣

不規則な生活習慣

不規則な生活による睡眠不足は肌が汚くなる原因のひとつです。人間の体はもともと備わっている1日のリズムによって活動し、新陳代謝もそのリズムにそって機能しています。このリズムが乱れると、自律神経のバランスを崩したりニキビ菌を増殖させてしまうこともあるのです。また睡眠中に分泌される成長ホルモンは細胞分裂を活発化させて肌を修復する機能があります。

この成長ホルモンは「睡眠のゴールデンタイム」と言われている22時~2時までの間に活発に分泌されるために、この時間に質の良い睡眠をとることが必須なのです。またさらに睡眠の質をあげる秘訣は、毎日決まった時間に寝起きすること。日々、ゴールデンタイムにしっかりとした睡眠をとる規則正しい生活が美肌への第一歩なのです。

 

 乱れた食生活

乱れた食生活

栄養バランスが崩れて必要な栄養素が摂取できないと皮脂量が増えて肌が荒れたり、暴飲暴食をし続けると内臓に負担がかかり代謝も悪くなります。また添加物の多いインスタント食品は活性酸素を増加させ蓄積された毒素が肌荒れを引き起こしたり、ファーストフードなどの脂肪分と糖分が多い食品はニキビをできやすくしてしまったり糖化という肌の老化を引き起こす原因にもなってしまいますので過剰な摂取には注意が必要です。

美肌のためには主食・主菜・副菜・乳製品・果物をバランスよく摂ることが大切。特に肌に良い食べ物で、脂質の代謝を促すビタミンB2・B6や肌を作る素となるビタミンC・タンパク質・鉄分など積極的に摂取するように心がけましょう。

 

あなたの日常に当てはまるものはありましたか?何気ない習慣が、肌に影響を与えてしまっているかもしれません。そして肌が汚れてしまうのは、生活習慣のどこかに原因があるはずです。忙しいときにこそ、自分の生活習慣を見直して健康と美肌を手に入れましょう!

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ページ上部へ戻る