日焼け止めのタイプ別洗顔方法とは?


→ 【必見】頑固なくすみを消した裏ワザ♪

日焼け止めの正しい洗顔方法

外出時には必須の日焼け止めですが、きちんと落としきれていないとお肌にかなりの負担がかかることをご存知でしたか?一言に日焼け止めといっても今は様々な種類の日焼け止めが販売されていますよね?実はそれぞれに適した洗顔方法があるのです!今日は、日焼け止めタイプ別の洗顔方法から洗顔後のケアのポイントまで一挙にご紹介しちゃいます!

日焼け止めの洗い残しは肌トラブルの原因に!

日焼け止めの正しい洗顔方法

日焼け止めに含まれる紫外線防止成分は、防御力がなくなってしまったとしても、成分自体は肌に残ります。残った成分は肌を乾燥させやすく、酸化してしまう可能性もあるため、洗顔できちんと落とさないと肌トラブルの原因となってしまいます。

 

日焼け止めタイプ別の最適な洗顔方法とは?

日焼け止めの正しい洗顔方法

まず、日焼け止めを落とす際には、日焼け止めのパッケージの注意書きをよく確認しましょう。一般的な剤型別の最適な洗顔方法は以下のとおりです。

・ジェル、乳液タイプの比較的弱いタイプの日焼け止め

ジェルや乳液タイプの日焼け止めで、「専用クレンジング不要」と書かれているものについては、通常のボディーソープや洗顔料で洗うだけできれいに落とすことが出来ます。オイルクレンジングなど洗浄力の強いものを必要以上に使用すると、かえって肌の乾燥などを引き起こしてしまいますので、控えるようにしましょう。

・ウォータープルーフ、スポーツ用、2層式などの紫外線防止効果の高いタイプの日焼け止め

スポーツ用やウォータープルーフの日焼け止めには「専用クレンジング使用」と記載されているものが多いです。このタイプの日焼け止めを落とす際には、専用クレンジングまたはオイルクレンジングでの洗顔が必要になります(顔だけでなく体も同様です)。海などへ泊りがけで出かけて毎日ウォータープルーフの日焼け止めを使用する場合は、毎日洗浄力の強いクレンジング剤で洗顔をすると肌の乾燥を引き起こしてしまう可能性がありますので、最後の日のみしっかりと落とすように心がけ、間の洗顔は程々にするようにしましょう。

 

洗顔後のケアも抜かりなく!

日焼け止めの正しい洗顔方法

日焼け止めを落とした洗顔後のケアも怠ってはいけません!特にレジャーなどで紫外線をたっぷり浴びてしまった日は、お肌もかなりのダメージを受けていますから、洗顔後はたっぷりの化粧水でお肌を沈静化してあげましょう。化粧水を冷やしておくとより効果的です。そしてその後は保湿ケア!保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどを配合した美溶液やクリームなどでお肌をプルプルにしてあげましょう!

日焼け止めの正しい洗顔方法

いかがでしたか?毎日使う日焼け止めだからこそ、お肌のためにも正しい洗顔方法できちんと落としてあげることが大切ですよね。皆さんもお手持ちの日焼け止めの注意書きをもう一度見返してみてはいかがでしょうか?

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうくすみで悩む必要はありません!

コンシダーマルの効果と口コミ

コンシダーマルの効果を口コミから検証!果たしてくすみは消えるのか!?

ページ上部へ戻る