ニキビ跡を消すのに最適な化粧水の選び方とは?


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

ニキビ跡を消す化粧水の選び方

ニキビ跡にも種類があり、それぞれに最適なニキビ跡を消す方法があることをご存知ですか?今日はニキビ跡のタイプ別に最適な化粧水の選び方をご紹介します。ニキビ跡を消す化粧水以外にも有効なニキビ跡を消す方法や、予防法についても詳しく解説します。ニキビ跡にお悩みの方はぜひご覧ください!

 

タイプ別ニキビ跡を消すために最適な化粧水☆

ニキビ跡を消す化粧水の選び方

赤みが残るタイプ

ニキビ跡の中でも最も多いタイプで、多くの女性が悩んでいるのがこちらのニキビ跡です。ニキビ自体は治っているけれど、赤みが引かず治っているのに治っているように見えないのが悩ましいところです。こちらのタイプのニキビ跡を消すには、ビタミンC誘導体を配合した化粧水を使用するのが良いでしょう。美顔器のイオン導入でビタミンCの浸透率を上げると更に効果は上がります。なお、この赤みはシミではありませんので、一般的な美白化粧水は効果がありません。

シミが残るタイプ

ニキビが出来た後、黒くなって残ってしまうもので、シミの一種である「炎症後色素沈着」と呼ばれるニキビ跡です。アゴなど顔の下の方へできたニキビは、特に色素沈着になる場合が多いようです。これは、顔の下の部分が皮膚が厚く血行が悪いことが影響しているものと考えられます。こちらのタイプのニキビ跡を消すには、美白化粧水が有効です。また、ピーリングによるケアも効果的とされています。

陥没が残るタイプ

いわゆる「クレーター」と呼ばれるタイプで、最も手ごわいニキビ跡です。ニキビができた際に、毛穴の周りの皮膚にまで炎症が及んでしまい、皮膚が溶けるようにしてなくなってしまうと、陥没した状態のニキビ跡になってしまいます。このタイプのニキビ跡を消すには、化粧水のケアだけでは限界があります。医療機関でのケミカルピーリングを行うことで、真皮のコラーゲンが増えて皮膚が下から持ち上がってくる効果が期待できますので、完全な修復とまではいきませんが、陥没を浅くし改善する効果は期待できます。

 

まずは予防が第一!ニキビ予防に効く化粧水とは?

ニキビ跡を消す化粧水の選び方

出来てしまったニキビ跡を消すのは難しいですから、日ごろからニキビができない様に予防することが一番です。「ノンコメドジェニック」と表示された化粧水を使う方がニキビができにくくなります(コメドとは白ニキビのこと)。その他の化粧品についても、極力油分の少ないものを選ぶと良いでしょう。

ニキビ跡を消す化粧水の選び方

いかがでしたか?ご自身のニキビ跡を消すのに最適な化粧水の選び方が見つかりましたでしょうか?最後にもう一点、ニキビ跡は紫外線を浴びることで濃くなる場合もありますので、紫外線対策も忘れずに行うように心掛けてくださいね!ただ、どんなにいい化粧品を使用しても、生活習慣がボロボロではニキビも治りませんから規則ただしい生活を送ることも意識しておきましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

シミウスの効果と口コミ

シミウスの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る