Hakuの美白美容液の効果は?2種類の美白有効成分でシミをシャットアウト!


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

お勧め美白アイクリーム

美白化粧品の中でも人気の高い資生堂のHakuシリーズ。一度は使ってみたい美白化粧品ですよね。今日はHakuシリーズの中でも特に人気の高い美白美容液についてご紹介します。Hakuの美白美容液には異なった性質の2種類の美白有効成分が配合されており、より効果的にシミを撃退してくれるそうなのです!興味のある方は是非ご覧ください

 

2種類の美白有効成分配合で美白効果が飛躍的にUP!抗メラノ機能体とは?

HAKUの美白美溶液

Hakuの美白美容液には4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)とm-トラネキサム酸の2つの美白有効成分が配合されています。美白有効成分が2種類配合されている美白化粧品は他にもありますが、Hakuの美白美容液は、ただ2種類配合されているのではなく重要な意味を持っているのです。資生堂では4MSKとm-トラネキサム酸を組み合わせたものを「抗メラノ機能体」と呼んでいるのですが、この抗メラノ機能体が、これまでに無い美白効果を肌にもたらしてくれるのです。

マイナスイオンを持つ4MSKとプラスイオンを持つm-トラネキサム酸をある一定の条件、バランスで配合すると、すばやく浸透する性質を持つ4MSKが、結合したm-トラネキサム酸を角層の奥深くまでぐんぐん引き込んでくれるのです。そして、m-トラネキサム酸は、そのじっくりと効く性質を肌内部まで浸透した状態で発揮することが出来るようになりました。

 

抗メラノ機能体のチカラでシミを作らせない・残さない!

HAKUの美白美溶液

そして、抗メラノ機能体の働きにより、シミの成長を止めメラニンを作らせないことで「シミが出来る原因」をブロックし、更にメラニン排出の滞りを正常にすることで、「シミが残る原因」も取り去り、より高い美白効果を肌にもたらしてくれるのです。

しかしこの4MSKとm-トラネキサム酸の組み合わせは非常に難しく、資生堂では長年様々な実験を重ね、安全性、安定性などを考慮してようやく厚生労働省から認可を得ることが出来たそうです。抗メラノ機能体には、資生堂のシミ予防研究の全てが詰まっていると言っても過言ではないのではないでしょうか。

HAKUの美白美溶液

いかがでしたか?資生堂の最先端の研究成果が詰まったHakuの美白美容液、調べてみるとその美白効果は予想以上でした!これからの季節は紫外線量が少なくなってきたかな?と油断して美白ケアを中断してしまう女性が多いそうなのですが、実はこれ大間違いなんです!資生堂の研究によると、肌の乾燥がシミを悪化させる因子を増加させてしまうそうなのです。紫外線量は減っても、お肌の中のメラニン色素量はあまり変わらないそうなので、秋冬こそ美白ケアを怠らず美白肌をキープしましょう!

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ページ上部へ戻る