にきび跡の赤みを消すには?跡を残さないようケアしよう!


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

にきび跡の赤みを消す方法

にきびが治ったと思ったら、にきび跡に赤みが残ってしまった!という経験をされたことがある方は多いかと思います。にきび跡の赤みは、にきびは治っているのに治っていないように見えるので厄介ですよね。そこで今日はにきび跡の赤みを消す方法についてご紹介します。合わせてにきびが跡にならないようにする方法もご紹介します☆

 

にきび跡の赤みの正体は一体何?

にきび跡の赤みを消す方法

にきびが治った後も赤みが残ることはよくあることで、人によっては赤みが引くまでに年単位の時間を要することもあるようです。長い時間をかけてだんだんと薄くなっていくのですが、その間に日に当たると色素沈着として残ってしまう恐れもあります。にきび跡の赤みはシミではなく、にきびの炎症が起きたときに毛細血管が増えてそれが残っている状態のことです。ではどの様にすればにきび跡の赤みを消すことができるのでしょうか?

 

にきび跡を消すにはビタミンCや抗炎症作用のある成分がお勧め!

にきび跡の赤みを消す方法

にきび跡の赤みを消す方法としては、ビタミンC誘導体が配合された化粧水やビタミンCのイオン導入に一定の効果があるとされています。この場合、ビタミンCは美白有効成分ではなく、炎症を抑えたり肌の修復を促すという役割で用いられます。また、同じく抗炎症作用を持つアラントインやグリチルリチン酸ジカリウムといった有効成分を配合した医薬部外品をスキンケアに取り入れるのも赤みを消すのには良い方法といえるでしょう。

また、皮膚科などの医療機関を受診して、レーザーや光治療でにきび跡を消す方法もあります。こちらについては跡を消す効果の出方には個人差があるようですので、良く検討して決めることをお勧めします。

 

にきびを跡にさせないためのポイント

ニキビ跡のシミを消す化粧水とは

もしもにきびができてしまったらとにかく跡にならないようにすることが大切です!そこで、にきびが跡になってしまうのを防ぐ上で注意するべきポイントをご紹介します。

・にきびをつぶさない
・過剰な洗顔はしないこと!
・髪の毛がにきびに触れないように注意する
・にきびを手で触ったり、刺激を与えないように注意する
・リキッドファンデーションなどの硬度の高い油分を配合した化粧品やオイル美容液の使用は控える

にきび跡の赤みを消す方法

いかがでしたか?にきびができてしまうとつい気になって触ってしまい、うっかりつぶして赤みが残ってしまった・・・という経験をお持ちの方も多いかと思います。しかし、にきびが跡になってしまうと、完全に消すまでには時間がかかってしまいますから、今日ご紹介した方法を参考に、できるだけ早くきれいに直すように心がけましょう。そして規則正しい生活を心がけること!にきび跡をけることよりもまずは予防できる健康な肌を作っていきましょう♪

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

コンシダーマルの効果と口コミ

コンシダーマルの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る