日焼け止めの原理ってどうなってるの?~自分に合った日焼け止めの選び方


→ 【必見】頑固なくすみを消した裏ワザ♪

日焼け止めの原理とは?

ほぼ毎日のようにお世話になっている日焼け止めの「原理」をあなたはご存知ですか?紫外線をカットする原料には紫外線吸収剤を紫外線散乱剤の2種類があり、それぞれの特徴を活かした様々な日焼け止めが販売されています。今日は、日焼け止めの紫外線をカットする原理から、シーン別の適した日焼け止めの選び方まで詳しくご紹介します!

日焼け防止効果を発揮するのは紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

 

日焼け止めの原理とは?

紫外線カット剤には紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。それぞれの特徴は以下のとおりです。

紫外線吸収剤

紫外線のエネルギーを吸収し、熱などの別のエネルギーに変換することで紫外線を防ぐ有機化合物で、紫外線カット力の高い製品に多く配合されます。肌に塗ったときに白浮きせず、きしみ感がないのでデイリーユースにも最適です。安全性についてはしっかりと確認されていますが、まれにアレルギー反応を起こす人もいます。紫外線吸収剤を配合していない日焼け止めには「ノンケミカル処方」と記載されていますので、気になる方は購入時に確認されると良いでしょう。

成分例)メトキシケイヒ酸エチルへキシル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸へキシル、t-ブチルメトキシベンゾイルメタン、オキシベンゾン-3など

紫外線散乱剤

物理的に紫外線をはね返す働きがあり、UV-A~B波まで幅広く散乱できます。また、かぶれなどが起こりにくいので肌が敏感な人にはお勧めです。

成分例)酸化チタン、酸化亜鉛など

 

使用目的別のお勧め日焼け止めタイプ

日焼け止めの原理とは?

日焼けのしやすい頬や鼻には、耐水性に優れ、のびの重いスティックタイプの日焼け止めがお勧めです。また、不織布から出来たシートタイプの日焼け止めは携帯性、利便性、塗りなおしやすさに優れていますので、普段使いに最適です。伸びが良くさっぱりとしているジェルタイプは、紫外線カット剤をあまり多く配合できないため、SPF値が中程度以下のものが多いので、アウトドアなどには向きません。また、紫外線カット剤を多く配合させるために、アルコールを配合していることもありますので、敏感肌の方は刺激に注意したほうが良いでしょう。

 

日焼け止めの原理とは?

いかがでしたか?一言に日焼け止めといっても、紫外線カットの原理は様々で興味深いですよね。アメリカ皮膚科学会によると、肌老化の原因の80%は紫外線によるものと言われていますので、毎日の紫外線対策はとても重要です。ご自身の肌質や使用シーンに合わせて、最適な日焼け止めを選べると怖いものないですね!それからもう1つ。日焼け止めを塗る際には正確な塗布量を守り、塗りなおしもこまめに行いましょう。正しい塗り方をしないと日焼け止めの効果が半減しますのでご注意ください!

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうくすみで悩む必要はありません!

コンシダーマルの効果と口コミ

コンシダーマルの効果を口コミから検証!果たしてくすみは消えるのか!?

ページ上部へ戻る