ビタミンC誘導体配合の化粧水でニキビ跡を消す方法


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

ビタミンC誘導体配合の化粧水でニキビ跡を消す方法

ニキビ跡が出来てしまった時、あなたはどうされていますか?実はビタミンC誘導体を配合した化粧水を使ったケアがニキビ跡には有効なんです!今日はビタミンC誘導体配合の化粧水で出来るニキビ跡のケア方法を詳しくご紹介します。合わせてニキビの予防に効果的なケア方法も!ニキビでお悩みの方は是非ご覧ください。

 

ビタミンC誘導体配合化粧水が有効なニキビ跡と効果的なケア

ビタミンC誘導体配合の化粧水でニキビ跡を消す方法

ニキビが治った!と喜んだのもつかの間、良く見るとニキビ跡になってる!という経験、一度はされたことがあるのではないでしょうか?このニキビ跡には種類があり、その中でビタミンC誘導体が効果的とされるのは赤みの残るタイプのニキビ跡と、黒くシミのようになってしまった対応の2種類です。

赤みの残るタイプ

ニキビの出来た部分の赤みだけが残っている状態です。ニキビ跡の赤みは、シミではなく炎症が起きた際の影響で毛細血管が増えたままになってしまっているために生じてしまいます。

シミになってしまったタイプ

こちらはニキビ跡が、黒くシミになってしまった状態です。このシミは「炎症性色素沈着」と呼ばれるシミの1つで、ニキビ跡だけでなく虫刺されの跡がシミになったものの総称です。これら2つのタイプのニキビ跡にはビタミンC誘導体の化粧水でのケアが有効とされています。ただし、ビタミンC誘導体の役割は少し異なります。

赤みの残っているタイプはシミではありませんので、炎症を抑えたり、肌の修復の効果を発揮して赤みを消してくれます。一方でシミになったタイプ(炎症性色素沈着)は、美白化粧品でのケアが有効となりますので、ビタミンC誘導体は、美白作用を発揮してニキビ跡を消してくれます。

また、お手持ちの美顔器がありましたら、ビタミンC誘導体配合の化粧水を使ってビタミンCのイオン導入を行うと浸透率が高まり、より効果的ですので試してみてください。

 

まずはニキビ予防が第一!お勧めのニキビ予防法はこれ!

ビタミンC誘導体配合の化粧水でニキビ跡を消す方法

ニキビ跡を消すは中々大変ですから、まずはニキビを予防することが第一です。ニキビ予防の基本は洗顔です。摩擦や刺激を避けつつも余分な皮脂をきちんと洗い流すことがポイントです。洗いすぎは肌の乾燥を引き起こしますので、1日2回で十分です。また、酵素洗顔やピーリング化粧品による角質ケアは、ケアなの詰まりによって起こるニキビのケアには適していますので、こちらも試して見られるのも良いでしょう。ただし、お肌の保湿力が低下しやすくなる可能性もありますので、保湿ケアも合わせてしっかりと行いましょう。

ビタミンC誘導体配合の化粧水でニキビ跡を消す方法

いかがでしたか?ニキビも、ニキビ跡も健やかな肌を取り戻すことできれいに直すことが出来ます。そのためには、ご紹介した方法はもちろんですが、規則正しい生活習慣を保つことがとても大切です。不規則な生活習慣の影響は、年齢を重ねるごとに肌に現れやすくなりますから、今から少しずつでも見直していきましょう。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

シミウスの効果と口コミ

シミウスの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る