【知ってた?】イチゴ鼻の治し方!オロナインって効果あるの?


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

乾燥が気になる季節になりました!いくらキレイにお化粧しても、鼻のポツポツが目立つ……ファンデーションでカバーしても、余計に目立つ鼻のポツポツ……。イチゴ鼻で悩んでいるあなたへ簡単にキレイなスベスベ鼻を手に入れる方法をご紹介します!

 

イチゴ鼻にオロナイン!?

HAKUの美白美溶液

オロナインは傷薬として有名ですよね。殺菌・消毒を主な目的とされていますが、その他にも、お肌のあかぎれや、ひび割れにも効果があるとされています。どちらもお肌が乾燥して、皮膚の表面が硬くなってしまったために現れる症状です。イチゴ鼻になる原因の一つとして「乾燥」が挙げられています。お肌が乾燥することにより、過剰に皮脂が分泌され、毛穴に詰まり、古い角質と混ざることで、角栓となりイチゴ鼻になってしまうのです。

角栓とは、皮脂と角質、化粧品などの汚れが混ざり合ったものです。本来は、古くなった角質は自然にはがれ落ち、皮脂も適切な量が分泌されるのですが、何らかの原因で角質がはがれ落ちなくなったり、皮脂が過剰に分泌されるようになると、毛穴が詰まってしまうのです。角栓は、放置すると毛穴を広げてしまいます。イチゴ鼻と呼ばれるブツブツの鼻は角栓が毛穴をひろげることによってこの様な状態になっています。

角栓はコメドとも呼ばれていますが、本来、英語でcomedoと言った場合にはニキビのことを指しています。その名の通り、角栓を放置しておくとニキビの原因となることもあります。毛穴の黒ずみは洗顔することで改善されますが、この角栓はどんだけ洗顔してもケアしても簡単にはなくなってくれません…。

 

そこで使うのが「オロナイン」!

オロナインがこの角栓除去に効果を発揮してくれます。オロナインがなぜ肌荒れや角質除去に対して効果的なのか、まずはオロナインの成分を見てみましょう。

有効成分:クロルヘキシジングルコン酸塩液
添加物:ラウロマクロゴール、ポリソルベート80、硫酸Al/K、マクロゴール、グリセリン、オリブ油、ステアリルアルコール、サラシミツロウ、ワセリン、自己乳化型ステアリン酸グリセリル、香料、精製水

オリブ油、ワセリンなどには保湿成分が含まれており、「保湿性」に優れています。そうです。この「保湿性」がイチゴ鼻になる原因の「乾燥」に効果をもたらせてくれます。それでは早速オロナインパックのやり方をご紹介します。

 

イチゴ鼻にはオロナインパック!そのやり方は?

shutterstock_166295495

オロナインパックとは、オロナインとパックを使って毛穴の詰まりや黒ずみを取り除く美容方法です。オロナインを塗ることによって、吸着力がかなりあがるようです。準備するものは以下の通りです。

①オロナイン(チューブ、容器どちらでもOK.)
②毛穴パック(特にメーカーに指定なし)

オロナインパックのやり方

①蒸したタオルを当てるまたは、ぬるま湯で洗顔をし、毛穴を開きます。毛穴に詰まった角栓を除くならまず、閉まった毛穴を開かなくてはいけません。
※洗顔料は使わない

②オロナインを鼻にたっぷり塗ります。(鼻が白く隠れるくらい)
※少ししか塗らないと効果は落ちるのでたっぷりと!

③10分放置した後ぬるま湯で丁寧に洗い流します。
※オロナインの油分を綺麗に落とすにはぬるま湯が◎水を使用するとオロナインの油分が十分に落としきれない場合があります。必ずぬるま湯で!

④普段通りの洗顔料を使い綺麗に洗う

⑤毛穴パックシートをはる

⑥所定の時間が経ったら、下から上方向に剥がす

⑦冷水で毛穴を引き締め、化粧水をたっぷり浸透させる。

上記のやり方でイチゴのを簡単に撃退できます!オロナインパックは週に一回程度のペースがちょうどよく、やりすぎは逆効果になります。

 

なぜオロナインパックは角栓がゴッソリ取れるのか?

なぜオロナインパックをすると、こんなにも角栓が取れるのでしょうか。
そもそもオロナインはパックをする用には作られていないので、確信的な根拠はありませんが、オロナインに含まれている自己乳化型ステアリン酸グリセリルという成分に効果があるのではと考えられています。自己乳化型ステアリン酸グリセリルには、肌に付着している汚れや角栓を浮かせる効果があり、美容クリームに含まれていることも多い成分です。

オロナインにもこの成分が含まれているため、パックをする前に角栓が浮きやすい状態にななり、通常よりもコッソリと角栓が取れるのでは、と考えられているんです。さらにオロナインにはクロルヘキシジングルコン酸塩液という成分が含まれており、これには殺菌効果、抗菌効果があるため、お肌のケアも同時にできて一石二鳥!なんてことも言われています。

 

オロナインがない場合は?

shutterstock_312382469

オロナインがない場合は、ワセリンやニベアでも代用できます。やり方はオロナインと同じですが、ワセリンは寝る前にたっぷり塗り、一晩おいて翌朝によく洗い流してください。
※ワセリンは石油由来なので、ワセリンを塗ったまま日光を浴びると、油焼けをしてしまう危険があるので注意!

 

イチゴ鼻にはオロナインが効くということで解消法をご紹介していきましたが、オロナインもドラッグストアなどで気軽に買える商品なので、イチゴ鼻でお悩みの人は一度試してはいかがでしょうか。肌を保湿するクリームなので肌自体がモチモチになりますよ♡今の時期からは欠かせないアイテムですね。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

シミウスの効果と口コミ

シミウスの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る