鼻の毛穴の角栓を抜いてはダメなのか!?ケア方法まで公開!


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

敏感肌向け高保湿化粧水

気になる角栓が鼻からポツポツ出てきているところを、ピンセットや爪楊枝で抜いてしまった事はありませんか?なんとなく、やってはいけない事だとわかってはいるものの、そのまま放っておくことが出来ずについ取ってしまいたくなりますね。でも、角栓をピンセットや爪楊枝でとる事は肌に悪いのでしょうか?角栓は何故できるのでしょうか。ここでは、出来てしまった角栓への対策法と、角栓を作らないスキンケア法を紹介します。

 

角栓とは

角栓とは、顔の毛穴に詰まった皮脂や角質のことを指します。これだけを言うと一見悪いもののように思えますが、実は毛穴を外からくる菌などから守ってくれる役目があり、一概に悪者というわけではありません。ただ放っておくとニキビの原因になったり、毛穴全てを塞いでしまい、毛穴自体を大きくしてしまうのであまり放って置くのが問題です。

それでは溜まりすぎた角栓を取るにはどうしたらいいのでしょうか?闇雲に押し出したり間違った角栓の取り方をしてしまうと肌が傷ついて、跡が残ってしまうことがありますので、正しい方法で角栓を取り除く必要があります。

 

ピンセットや爪楊枝での角栓ケアがNGなワケ

まるでイチゴのようにポツポツが目立つ鼻は、角栓というものが原因です。皮脂とタンパク質が混ざったもので、これをそのまま放置しておくと、さらに毛穴を押し広げて目立ったり、酸化してしまって黒ずんだりするので、きちんと除去することが大切です。角栓を除去するときに、ピンセットや爪楊枝を使う方も多いと思います。

しかし、これはNGです。なぜならば、ピンセットや爪楊枝で角栓周りの肌を傷つけて肌トラブルを招く恐れもあり、また角栓を無理やり引き抜くと毛穴にダメージを与えてしまい、余計に広がってしまう場合があります。確かに、角栓の頭をうまいこと毛抜きで掴むことができれば、スポン!と毛穴から角栓が取れて気持ちいいものです。

でも、鏡を見ながらの作業なので、ピンポイントで確実に毛抜きを操作できなくて、肌を直接つまんでしまったり、肌を毛抜きの尖った部分でこすってしまったり、肌を傷めたことも多々あります。場合によっては、かなり強引に角栓を引き抜いてしまって、よく見ると毛穴の奥に血がにじんでいることもあります。それほどまでに、ピンセットや毛抜きで角栓を引き抜く行為は、肌に大きな負担をかけてしまうのです。

 

角栓をキレイにする方法は

ソバカスが出来る原因とは?

角栓をピンセットや爪楊枝で抜き取ったりする方法は、毛穴に負担をかけてしまい、ニキビの原因になったりかえって毛穴を広げる結果になるということがわかりました。角栓が抜けた瞬間は、毛穴がきれいになって気持ちがいいものです。でも、それはその場限りの満足に過ぎません。

空いた毛穴には汚れがたまりやすくなるので、悪循環が続いていくだけになってしまうのです。これではいちご鼻は一向に解消されません。いくら気になっても、無理やり角栓を取り除くのは我慢しましょう。焦らず、時間をかけてケアをすることで、角質ができやすい肌も、徐々に角質ができにくい綺麗な肌へ変わります。

クレンジング・洗顔を丁寧にする

鼻の角栓ができるのを防ぐために、クレンジング・洗顔を丁寧に行いましょう。クレンジング・洗顔で汚れをしっかり落とすことができていないと、汚れが毛穴に詰まってしまい角栓ができやすくなってしまいます。また、汚れを落とそうとゴシゴシと力を加えて洗ったり、クレンジングや洗顔料の使用量が少なかったりすると、肌と手の摩擦が起こりやすく、肌を傷つけてしまうことがあります。クレンジング・洗顔は、正しい使用量を使って丁寧に行いましょう。

 

洗顔の注意点

しっかり落とそうと力を入れての擦りすぎは、逆に皮脂腺が刺激され皮脂の分泌が増えたり、保湿力を奪ってしまう可能性があり肌への負担となります。肌へのクッションとなる泡が重要なので、泡立て量は卵1個分を目安に泡立てましょう。肌に触れるか触れないか程度の力加減で、泡で転がすように洗う感覚を身に付けてください。

 

保湿を十分にする

肌が乾燥すると、肌の表面だけでなく、毛穴の周りの角質も硬くなり、角栓ができやすくなります。保湿を促すことで、毛穴周りの皮膚を柔軟に保ち、毛穴つまりを予防します。オイルフリー/オイルカットのサラッとした美容液がお勧めです。

・セラミド2
・セラミド3
・ヒアルロン酸Na
・水溶性コラーゲン
・エラスチン

保湿力に優れている美容成分が配合されているかを確認しましょう。

 

鼻の角栓を防ぐ日々のケア

ファンケル美白美容液2

しっかりと睡眠をとる

しっかりと質のいい睡眠をとることは、美肌にもつながります。美肌へつながる睡眠のコツは「睡眠後3時間」です。睡眠後の3時間に熟睡できると、肌の調子が整いやすく、健康的な肌になれます。肌の調子が整えば、皮脂の分泌なども整い、角栓ができにくくなります。

 

バランスのとれた食事

食事で、美肌に必要なビタミン類や、肌のもととなるタンパク質をバランスよく摂りましょう。特に、ビタミンA・C・Eを摂ると美肌に効果的です。肉や魚でタンパク質を、野菜やフルーツなどでビタミン類を摂りましょう。こうした食事も、大切なケアなのです。

 

軽い運動をする

運動不足になり、筋肉が衰えると、血行が悪くなり、代謝も落ちてしまいます。代謝が落ちると、肌の調子も悪くなってしまいます。そうならないためにも、日常に軽い運動を取り入れましょう。有酸素運動が効果的ですが、階段の上り下りなど、できるところから体を動かす習慣をつけていき、健康だけでなく、肌のケアもしていきましょう。

 

いかがでしょうか?角栓ケアは、肌に優しい方法を選んでください。そして、除去するだけではなく、その前の準備段階、アフターケア、予防のためのケアを1セットにして、角栓に悩まない肌を育てていきましょう!

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ページ上部へ戻る