角栓の黒ずみ原因って何?正しいケアできれいなお鼻に!


→ 【必見】頑固なくすみを消した裏ワザ♪

顔のシミ・そばかすの改善に効果的!?馬油が再注目!

目立ってくる鼻の角栓や黒ずみという悩み。毛穴の汚れはとっても目立ちます。ファンデーションを塗ったところでかえって目立ってしまったりと、カバーするのも難しい、厄介な悩みです。そして、角栓・黒ずみのケア方法は様々なものが知られていますが、中には一見よさそうに思えてかえって悪化させてしまうものもあるので注意が必要です。今回は、正しい角栓・黒ずみの解消法・ケア方法をいくつかご紹介します。ぜひ、実践してみてください。

 

角栓とは

開いた毛穴の中に埋め込まれたように脂肪の塊が詰まっている状態を角栓といいます。皮脂のほか、古い角質など老廃物や汚れ等がつまってできます。洗顔後に白く目立つことが多いです。また、角栓はニキビが治る過程で必ずあらわれます。

 

毛穴の黒ずみ

shutterstock_266455745

鼻にできる毛穴の黒ずみの正体は,酸化して黒ずんだ皮脂です。特に鼻の毛穴は奥が深く、皮脂がたまりやすいため、黒ずみができやすいところです。毛穴に詰まった皮脂が長くとどまると黒くなります。

 

意外と知らない!黒ずみが改善しない原因

毛穴汚れや黒ずみのケアはただ汚れを取ればいいだけだと思っていませんか?毛穴汚れ・黒ずみに悩む方の多くが、間違ったケア方法を行って状況を悪化させてしまっているのです。まずは、毛穴汚れや黒ずみをさらに悪化させてしまっている、間違ったケア方法をご紹介します。

 

ゴシゴシ洗顔

毛穴に詰まった角質・角栓など、毛穴汚れをとにかく落としたいがためにゴシゴシ洗顔していませんか?
「しっかり洗った方が汚れが落ちるから良いんじゃないの?」と思われがちですが、実は間違った洗顔方法です!

ゴシゴシ洗顔により、洗った直後は毛穴の汚れが落ち、キレイになっているのは間違いありません。しかし、念入りな洗顔は、肌に必要な水分や、水分を肌にとどめておくための皮脂を取りすぎてしまいます。そして、肌が乾燥してしまった状態となり、それを補うために、肌が皮脂を過剰に分泌。必要以上に分泌された皮脂は毛穴に詰まり、角栓・黒ずみとなってしまうのです。この悪循環を繰り返すことにより、毛穴汚れがなくならない負のループに陥ってしまいます。

また、水分を失った肌は、バリア機能が低下し、肌の弾力やハリも失ってしまいます。そうなると、毛穴が開きっぱなしの状態になったり、お肌のたるみによる毛穴の開きまでも引き起こしてしまうのです。一見汚れが取れて、キレイになっている様に感じるゴシゴシ洗顔ですが、実は肌の状況を悪化させてしまいます。

 

正しいケア方法

間違った洗顔

毛穴を開いて角栓を取りやすくする

まず、鼻の毛穴の角栓を取り除くためには、角栓が取れやすいように先に毛穴を開くことが大切です。毛穴を開くことで、角栓やその周りの皮膚が柔らくなり、除去しやすくなるだけでなく、必要な皮脂を残しつつ洗浄することができます。簡単に、鼻の毛穴を開く方法として、簡単に行える蒸しタオルを使う方法があります。

蒸しタオルで、鼻の毛穴を開く方法は、メイクを落とした状態の肌に行います。メイクをしたまま行ってしまうと、メイクや皮脂汚れが毛穴のなかに落ちて悪化の原因になります。蒸しタオルの行う前は、必ず綺麗にメイクを落としてから行うようにしましょう。蒸しタオルの作り方は、非常に簡単で、水で塗らした小さめのタオルを、500~600Wの電子レンジで1分程度温めるだけです。

顔にのせる前に、ヤケドに気をつけながらタオルを広げて、体温まで少し温かい程度に冷まします。タオルの端をもってパタパタあおぐと、早く冷めます。これで蒸しタオルは完成です!蒸しタオルを角栓が気になる部分に3分程度顔にのせます。蒸しタオルは、肌の水分も蒸発しますので、角栓が気になる部分だけに乗せたほうがよいです。3分経過したら、なるべく温かいうちに角栓ケアを行いましょう。

毛穴が開いたら洗顔です。毛穴ケアには洗顔が重要という事もあり、毛穴に特化した洗顔料も多く発売されています。通常の洗顔料より毛穴ケアに重点を置いて作られている為、毛穴の汚れ除去力に優れているだけでなく、汚れを取った後の毛穴をケアする効果があるなど、毛穴に悩んでいるのであれば使ってみることをおすすめします。

 

優しく洗う

洗顔では、手の圧による刺激を少しでも少なくすることがポイントです。ホットクレンジングタイプの洗顔料であれば、肌につけるだけでジェルが温かくなり、毛穴を開く効果があるので、優しく撫でるだけで毛穴の汚れを吸着し、取り除くことができます。

泡立てるタイプの洗顔料では、しっかり泡立ててきめ細かい泡で洗顔しましょう。きめ細かい泡がしっかりできている状態であれば、泡を顔に当て、円を描くように手を動かすだけででも洗顔効果があります。汚れもしっかり吸着されるので安心してください。毛穴ケアには、この様に刺激の少ない洗顔が効果的です。

 

しっかり洗い流す

洗い流す際は、洗顔料が残らない様にしっかり洗い流しましょう。残ってしまった洗顔料は毛穴汚れの原因となり、せっかく洗顔をしたのに逆効果となってしまいます。以上を気を付けるだけで、毛穴をケアする為の正しい洗顔が行えます。市販の洗顔でももちろん充分ですが、保湿成分や毛穴ケアに特化した洗顔料を利用する事で、より効果的な洗顔を行うことができます。

 

洗顔後は必ずすぐにスキンケアを

敏感肌のための美肌ケア

毛穴を開いて、汚れを落とした状態では、毛穴が綺麗になっただけで、開いている状態です。この為、毛穴を引き締める効果が期待できる化粧水を使うと良いです。具体的には、冷蔵庫で化粧水を冷やして使う方法もあります。また、毛穴引き締め効果が期待できる収れん化粧水を使うというのも1つの方法です。

化粧水で水分や栄養を補った後は、シッカリと保湿をする必要があります。保湿が十分に出来ていないと、肌が乾燥して、その乾燥を補う為に、皮脂の分泌が過剰になるというケースもあります。

 

正しいお手入れ方法を実践すれば、現状よりは改善が見込めます。しかし、間違った情報に惑わされているために、解消できない人が多いのです。毛穴の黒ずみばかりに気をとられて、過度に手を加えすぎると美肌バランスを崩すことにもなりかねません。ポイントを抑えた毛穴の黒ずみケアが、毛穴レス肌へと繋がっていくことでしょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうくすみで悩む必要はありません!

コンシダーマルの効果と口コミ

コンシダーマルの効果を口コミから検証!果たしてくすみは消えるのか!?

ページ上部へ戻る