角栓に効果のあるクレンジングランキング!これを使って鼻をきれいに!


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

痛みを伴うニキビの解消法

鼻の頭に出来る黒ずみっていやですよね。実はこれが角栓です。でも角栓って、洗顔だけではなかなかキレイになりませんよね。でも、角栓って自分で取ったらいけないって聞いたことありませんか?ではどうしたら良いのでしょうか?今回は角栓に効果のあるクレンジングについてまとめてみました。

 

角栓が出来てしまうのはどうして?

shutterstock_133039790

角栓ができにくい肌をつくるためのクレンジング選びの前に、そもそもどうして角栓ができてしまうのかを理解しておく必要があります。角栓とは実際にどんなものか知っていますか?まあ字の通りですなんですが、角質が毛穴に栓をした状態ですね。皮膚は作られてから一定の期間が経過すると垢となって剥がれ落ちる(これをターンオーバーと呼びます)のですが、うまく剥がれることができないものが古い角質として残り、メイク汚れや皮脂と合わさって固まって毛穴をふさいでしまうのです。

 

頑固な角栓をとるにはどうしたらいい?

どうすれば角栓と上手にさよならできるのでしょうか。ピンセットやコメドプッシャーなどで無理やり押し出したり、毛穴パックでごっそり取り除くという人は要注意!
「取れた!」とスッキリするかもしれませんが、その満足感はあくまで一時的なもの。お肌に大きな負担がかかる上、刺激や摩擦によって肌荒れや、色素沈着を招いてしまうこともあるのです。また、押すことで皮脂腺が刺激され、さらに皮脂の分泌→皮脂詰まりを招いてしまう場合もあります。

その結果、角栓を取ろうすればするほど毛穴が詰まりやすくなるという悪循環に陥ってしまうのです。よって、角栓をなくすために必要なのはオイルクレンジングのように洗浄力の強いもので除去するのではく、角栓ができにくい肌を作るために肌にやさしいクレンジングを選ぶことなのです。

 

クレンジング選びの重要なポイント

角栓を作らないために重要なポイントは、正常なターンオーバーとメイク汚れをしっかり落とすことでした。しかし、最初に言ったようにメイク汚れをしっかりと落とそうとして洗浄力の強いものを選ぶと、肌質によってはターンオーバーが乱れて古い角質が残りやすくなってしまいます。私たちの肌は、必要な油分を除去しすぎると内部の水分が逃げやすくなってしまうため、角質を厚くしようとする性質があります。

さらに、摩擦などの刺激を繰り返すことで、刺激を緩和しようとして角質を厚くさせる自己防衛作用があるため、洗いすぎは角栓のできやすい肌を作ってしまうのです。また、肌への刺激が少ないクレンジングは洗浄力が弱いため、メイク汚れが残りやすく、それはそれで毛穴に汚れが詰まりやすくなってしまう可能性があるのです。つまり、角栓をなくすためのクレンジング選びでは、洗浄力の強さと肌への刺激のバランスが大切で、そのバランスは肌質によって変わるのです。

 

クレンジングの種類と特徴

shutterstock_153713966

クレンジングの種類には、大きくわけて、4つのタイプがあります。

・ローション
・ジェル
・クリーム
・オイル

です。でも、それぞれ、「特徴と違い」があります。一つずつ、詳しくお話します。

 

オイルタイプ

クレンジングの中では、一番の洗浄力があります。ウォータープルーフの化粧品でも、力を入れずに、簡単に落とすことができます。ですが!どのクレンジングタイプにも、入っているんですが、特に、オイルタイプのクレンジングには、界面活性剤が多く含まれているんです!だから、肌への負担や、ダメージが大きいのです。敏感肌の人は、オイルタイプのクレンジングは、オススメできませんね!クレンジングをして、洗顔後は、充分な保湿が必要になってきます!

 

ローション(リキッド)タイプ

水のような「液状」のクレンジング。コットンにつけて拭き取るタイプ、洗い流すタイプ、ダブル洗顔が必要なタイプ、不要なタイプと、いろいろ出ています。サッパリとした感じがするんですが、実は、アルコールが多く含まれているんです。肌への刺激が強いのです。なので、肌も乾燥しやすくなりますから、敏感肌や乾燥肌の人は、オススメできないタイプの、クレンジングです。

 

ジェルタイプ

ジェルタイプのクレンジングは、肌に伸ばしやすくて、メイクにもなじみやすい!オイルやクリームに比べてベタつきがないので、サッパリとした洗い心地!オイルに比べると、やや洗浄力が低いですが、ダブル洗顔で、スッキリ落ちます。マスカラは落ちきれないので、ポイントメイク落としで、目元や口元を先に落としてから、ジェルタイプのクレンジングで、顔全体へ。肌への負担も少なく、潤いを奪わず、保湿するので、乾燥しません!肌のターンオーバーを、整えてくれのです。ということは、毛穴も開きにくくなるんです!乾燥肌や敏感肌の人でも、大丈夫です。

 

クリーム(ミルク)タイプ

保湿できる美白クリーム

油を乳化させて、水となじませてある、クレンジングタイプ。なので、肌への負担が少なく、潤いを奪わないので、乾燥肌や敏感肌の人にも最適!メイク落としだけでなく、「美容成分」が入ってるモノも、ありますね。肌をマッサージしながら、メイクを落とすこともできます。そして、毛穴も開きにくい!つまり、毛穴の中に、皮脂や汚れがたまりにくくなるんで、「毛穴の黒ずみ」も、減っていくというワケです♡

毛穴をスッキリさせるクレンジングタイプは、クレンジングタイプの種類によって、特徴と違いがありました。以上を踏まえて私が使用してきたオススメのクレンジングをご紹介します♡

 

一位⇒ファンケル マイルドクレンジングオイル

私のリピートでおすすめなのが無添加化粧品として有名なファンケルマイルドクレンジングオイルです。従来のオイルより角栓除去成分を3倍に増量しているという通り、つまっていた汚れが根こそぎ取れてスゴいんです!鼻のあたまがつるっとすっきりします。

もちろん女性のメイクもこすらずスピーディーに落とせて、しかも、うるおいキープもバッチリ!ベストコスメアワード@cosmeの2015年度クレンジング部門で第一位を獲得しているのも、納得です!

 

二位⇒マナラホットクレンジングゲル

マナラホットクレンジングゲルは非常に人気のあるクレンジングゲルです。吸着力のあるゲルなので、毛穴の汚れまでしっかりと絡めとって落としてくれます。アーチチョーク葉エキスなど毛穴を引きしめる成分で、きちんと毛穴の広がりを抑えてくれるので安心です。

マナラホットクレンジングゲルの大きな特徴は、9割以上が美容成分でできていることです。ヒアルロン酸やセラミド、ローヤルゼリーなど肌に潤いを与えてくれる成分をたっぷり配合しています。W洗顔不要で気持ちよく洗顔できるし、その後の化粧水の浸透をよくするブースターとしての効果も持っています。

 

三位⇒オルビスクレンジングリキッド

オイルをカットしているので快適なクレンジングができます。メイクに馴染んでスルッと落ち、スッキリと仕上がります。しっかりメイクを落とせてつっぱり感がありません。

 

角栓ケアが終わったら、毛穴を引き締めましょう。冷たいお水で引き締め、たっぷりの化粧水で水分補給をします。その後必ずクリームで蓋をしましょう!角栓は無理やり取ろうとし過ぎると、肌の大切な角質まで剥がしてしまい、余計に角栓ができやすくなるといいます。肌にやさしく地道なケアが美肌の一番の近道かもしれませんね♡

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ページ上部へ戻る