鼻にニキビができてしまう原因は?どうすれば早く治る?


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

しわとたるみに良いクリーム、ファイスクリーム選びのコツ

顔にできるニキビの中でも、鼻のニキビは特に辛いですね。頬あたりだと、ぷちっと一つできているくらいならご愛嬌ですが、鼻の頭が赤々としているニキビは、見た目にも滑稽。化粧でごまかしにくい場所でもあるし、なにより腫れると痛いんです。「どうして、よりによって鼻なんかに…」と思ってしまいますが、実は鼻ニキビができるのにはちゃんと理由があるのです。同じ思いを繰り返さないためにも、鼻ニキビのことをちゃんと知って予防しましょう!

鼻ニキビの原因を探る9つの方法

鼻ニキビの原因を探る9つの方法

1.鼻ニキビの栄養は皮脂

頬のあたりはかさかさしているのに、鼻のまわりは脂っぽいという人は多いと思います。実は、鼻ニキビの原因の多くを占めるのはこの鼻まわりの皮脂なのです。ニキビは、皮脂の多いところに多発します。 顔の中で一番皮脂の分泌量が多いのは鼻なので、ここにニキビができてしまうのには何の不思議もありません。では皮脂はないほうが良いのか、というとそうでもありません。乾燥しすぎもまたニキビの原因になるので、適量が大切なのです。

 

2.「イチゴ鼻」も鼻ニキビ

皮脂の量が多いのに加え、その皮脂を分泌する毛穴の数も、鼻はダントツに多いのです。皮脂が多くて毛穴が詰まりやすい上にその毛穴も沢山あるので、顔の他の部分に比べてニキビができる確率も上がってしまいます。

毛穴に詰まった汚れや角質が酸化して黒くなった「黒ニキビ」が、特に鼻にはできやすく、目立っていやですよね。「イチゴ鼻」なんて言う人もいますが、これもニキビの一種なのです。

 

3.癖になっていませんか?

ついつい鼻を触ってしまう癖はありませんか?顔の中でも、特に鼻は触ることが多い場所。きれいに見えても手には雑菌がついているので、この雑菌が鼻の皮膚について鼻ニキビの原因になることもあります。 鼻ニキビができてしまうと余計に気になって沢山触ってしまいますが、そこはぐっと我慢!できてしまったニキビに触れたりして刺激を与えると、悪化して跡が残ってしまいますよ。

 

4.鼻ニキビ予防にUVカット

実は、意外なことですが紫外線も鼻ニキビの原因になります。紫外線を浴びると皮脂が酸化し、毛穴が詰まりやすくなるのです。露出している顔の中でも、鼻は特に日に当たりやすい場所。

日焼け止めなどを使っていても皮脂で流れてしまったりして、気づかないうちに紫外線に当たっているのです。特に紫外線の強い季節は日焼け止めと帽子・日傘などのダブルの対策が必要です。

 

5.女性ならではの原因があります

毎日お化粧するという人も多いと思いますが、それが原因で鼻ニキビができているという可能性もあります。ファンデーションにはさまざまな成分が含まれていますが、それらが刺激となって鼻ニキビになることもあるのです。

クレンジングや洗顔をしっかりとすることが大事ですが、やりすぎもニキビの原因になる場合があり、なかなか加減が難しいところ。ファンデーションの成分を見直し、ミネラルファンデを使ってみるというのも一つの方法ですね。

 

6.小鼻の鼻ニキビの原因は?

イチゴ鼻の黒い角栓の治し方

鼻の中でも特に小鼻あたりに鼻ニキビが出来やすい、という方はいませんか?小鼻は形も複雑で、そのせいで洗い残しの多い場所。ここに鼻ニキビが頻発するという人は、ちょっと洗顔の仕方を見直してみたほうが良いかも。ファンデーションや皮脂などのニキビの原因になるものが小鼻に残っていて、それが毎日蓄積されているのかもしれません。

 

7.鼻ニキビと食生活の関係を知ろう

皮脂を分泌しやすくなる食事をしていませんか?脂っこい食事や、チョコレートなどお菓子類の糖分を沢山摂っている人は要注意。そのせいで皮脂の分泌量が過剰になっている可能性があります。鼻ニキビだけでなく、ほかの部分のニキビや体全体の健康にも関係してきますので、今すぐ食生活を見直すことをおすすめします。

 

8.生活の乱れが鼻ニキビに現れる

思春期のニキビは青春の象徴なんて言われますが、大人の鼻ニキビは事情が違います。睡眠不足やストレスのためにホルモンのバランスが乱れ、鼻ニキビという形で現れる場合もあるのです。

まずは生活習慣を見直し、リラックスして眠れる環境を作りましょう。趣味やスポーツなどでストレス解消できる時間を持ち、体も心も健康にしていく必要があります。

 

9.鼻の下にできるニキビの原因は?

「鼻ニキビ」と呼ぶには少し微妙ですが、鼻の下の部分にできるニキビに悩んでいる人も多いですよね。これは、内臓の調子が低下するとできるニキビと言われています。

食べ過ぎや飲み過ぎはしていませんか?夜遅い時間に食べて、胃腸に負担をかけていませんか?睡眠やストレスも大きく関わってきますから、生活全体を見直してみましょう。

 

鼻ニキビの治し方

鼻ニキビの治し方

スキンケア方法を見直す

鼻ニキビを治すために必要なスキンケアは、まず、正しい洗顔方法を身につけることです。皮脂分泌な過剰な状態やニキビができている状態の肌に、強い刺激を与えると、より深刻な肌トラブルになりかねません。

顔を洗う時は、最初に洗顔料をよく泡立てることが大切です。ふわふわの泡で顔を優しく洗います。この時に手やスポンジが皮膚に触れないように気をつけましょう。手やスポンジでゴシゴシと洗うのは肌への刺激が強すぎるので、泡だけが皮膚に触れるようにします。

使用する洗顔料は、メイク汚れを落とす油性タイプのクレンジング洗顔料と汗やほこりの汚れを落とす水性タイプの洗顔料を、上手に使い分けるようにします。

汚れに合った洗顔料を使用して丁寧に洗顔することが大切です。また、鼻ニキビが悪化して炎症を起している場合は、肌への刺激や負担が少ない洗顔料を選ぶようにしましょう。

洗顔後はすぐに保湿ケアを行います。皮脂が過剰に分泌されていると、保湿の必要がないように感じるかもしれませんが、油分と水分をバランスよく保つことで肌のバリア機能は高まります。肌がべたついていると感じていても、必ず保湿をするようにしましょう。

 

食生活の改善

私たちの体は、食べたものから作られています。肌の状態を改善するためには毎日の食生活を見直すことも大切です。

皮脂バランスが崩れていることが鼻ニキビの原因となりますので、皮脂分泌のコントロールを促す栄養を摂るように心がけます。レバーやうなぎ、納豆などに含まれる「ビタミンB2」は、皮脂分泌をコントロールする働きがあります。

また、ニンジンやカボチャ、ホウレンソウなどの緑黄色野菜に含まれているのが「ビタミンA」です。「ビタミンA」は、炎症を起している鼻ニキビの周りの皮膚を再生する働きがあります。「ビタミンA」は、油と一緒に摂取すると吸収率が高くなるので、炒めて食べると「ビタミンA」が効率よく体に吸収されます。

アーモンドなどのナッツ類に多く含まれている「ビタミンE」は、血行を促進して肌代謝を高めてくれます。ナッツ類を食事でとることは難しいので、その場合はサプリメントを上手に活用するという方法もあります。

レストランでの外食やコンビニのお弁当には油や糖分が多く含まれていることが多いので、ニキビがあるときには食べない方が無難です。どうしても外食する時は、油や糖分が少ないものを選ぶようにしましょう。

 

毛穴パックを使う

鼻ニキビを予防するために、定期的に毛穴パックを使用するのも効果的です。毛穴パックでニキビを予防する効果はあるのですが、その効果は一時的です。また、頻繁に毛穴パックを使用すると、必要な角質まではがれてしまい、肌トラブルを悪化させる可能性があります。

鼻ニキビを治すには、洗顔や保湿のケアを続けていくことが最も大切なこととなりますので、毛穴パックは補助的に適度に使うようにしましょう。

 

即効で炎症を抑える方法

ちょっとした体調不良や生理前など、急にポツッと赤ニキビができてしまうことってありますよね。 そんなときは、市販のステロイド外用剤を麺棒などでニキビに薄く塗ってから寝ると炎症が抑えられ早く赤みがひきます。

膿がたまっている場合はそのまま完治とまではいきませんが、とりあえず炎症が抑えられ赤みがひくので目立たなくなりニキビ跡も残りにくくなります。

(※顔一面にニキビができている場合や炎症がひどい場合は専門医を受診してください。)

 

市販のステロイドについて

ちふれ美白オールインワンジェル

薬局で販売されているステロイド外用剤には、用途や薬の強さ別に様々な種類があります。

ステロイドは主に虫刺されや湿疹、あせもなどの軟膏やクリームに配合されていますが、ニキビに使用するなら他の部位につかないよう伸びにくい軟膏タイプが向いています。 また、過度な炎症を1日でも早く抑えるのが目的なので、強さランクはストロングかミディアムタイプが良いです。

ただし、ステロイド剤は長期間にわたって使用すると免疫力が低下し、かえってニキビができやすくなることもありますので、使用するのは1~2回にとどめ連用はしないでください。

 

最後に

鼻ニキビを早く治すには

  • 洗顔・保湿をしっかりやること
  • 生活習慣を正すこと

この2つをしっかりやることで普段からのニキビ予防やニキビを治すことができるんです♪

肌をいたわることを考えるのが、鼻ニキビを早く治す近道ですね♪

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

コンシダーマルの効果と口コミ

コンシダーマルの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る