シーン別日焼け止め講座~適切なSPFとPAの選び方を知ろう


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

spfとpaを理解して適切な日焼け止めを選ぶには

日焼け止め選びの基準となるSPFやPAの値は、高ければ高い方が良いと考えがちですが、使用するシーンによって適切なSPA、PAの値は異なってきます。そこで今日は、使用目的別の日焼け止めの選び方について、SPFとPAの説明も交えてレクチャーしていきたいと思います。

 

SPFとPAは高ければ良いという訳ではありません!

spfとpaを理解して適切な日焼け止めを選ぶには

UVケア製品には、紫外線をどの程度防ぐ効果があるのかを分かりやすく示すために「サンケア指数」と呼ばれる値があります。このサンケア指数がSPFとPAです。それぞれの詳細な意味は以下のとおりです。

SPF(Sun Protection Factor):UV-Bの防止効果を表す数値です。赤くなってヒリヒリする日焼け(サンバーン)を起こすまでの時間を何倍に延ばすことができるかの目安となります。通常、日本人は真夏の晴れた海辺にいると20~30分程度で日焼け(サンバーン)すると言われています。この日焼けするまでの時間にSPF値をかけた値(分)まで、日焼けする時間を延ばせるという意味です。

例)30分で日焼けする肌の場合、SPF30の日焼け止めを適正量塗ることで、日焼けするまでの時間が30×30=900で900分(15時間)後まで延ばすことができる、ということになります。

PA(Protection Grde of UV-A):UV-Aを浴びて2~24時間に生じる皮膚の即時黒化(サンタン)の防止効果を表したものです。「+」から「++++」までの4段階に分かれており、+;効果がある、++;かなり効果がある、+++;非常に効果がある、++++;きわめて高い効果、と定義されています。

 

使用するシーンによって適切なSPF、PA値のものを選ぶことが大切

spfとpaを理解して適切な日焼け止めを選ぶには

日焼け止めを塗る目的は、ちょっと近くのスーパーに買い物に、という程度から、海水浴に行くためにしっかりと紫外線をガードしたい!まで様々ですよね。日焼け止め防止効果の高いものは、ウオータープルーフタイプなどのため、落とす際に肌にもそれなりの負担がかかります。ですから、必要以上に高いサンケア指数のものを使用することは、肌への負担を増やすことにつながります。

日本化粧品工業連合会がまとめた「紫外線防止用化粧品と紫外線防止効果」によると、散歩や買い物などの日常生活ならSPF20、PA++程度、屋外での軽いスポーツやレジャーであればSPF20~35、PA++程度の日焼け止めで十分紫外線を防止できるそうです。

spfとpaを理解して適切な日焼け止めを選ぶには

いかがでしたか?日焼け止めを塗らないと紫外線によるダメージをもろに受けてしまいますから、お肌の老化が進んでしまい、更なる肌トラブルを引き起こしかねません。使用目的に合ったサンケア数値の日焼け止めを選んで、できるだけ肌の負担を少なくしながらも紫外線からお肌を守ってあげましょう。

 

参考文献

日本化粧品検定2級3級対策テキストコスメの教科書 小西さやか著 発行所;(株)会社主婦の友社

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ページ上部へ戻る