敏感肌さんのUVケア化粧品選びのポイント


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

敏感肌さんのUVケアのポイント

敏感肌の方にとってはご自身のお肌に合ったUVケア化粧品を見つけるのは大変ですよね。しかし、アメリカの皮膚科学会によると、肌の老化の80%が紫外線によるものとされていますので、UVケアを怠ることは厳禁です。そこで今日は、敏感肌にも安心な日焼け止めの選び方についてご紹介していきたいと思います。

 

敏感肌さんが気をつけたいUVケアのポイントとは?

敏感肌さんのUVケアのポイント

・日焼け止めの成分を見極める

日焼け止めに配合されている紫外線防止剤には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

紫外線吸収剤は、皮膚表面で紫外線を吸収して熱などのエネルギーに変換することで紫外線を防いでくれる有機化合物です。お肌の上で化学反応を起こしていますので、刺激はありますが紫外線防止効果が高く、ウォータープルーフの日焼け止めなどSPFやPA値の高いにUVケア製品に使用されています。一方、紫外線散乱剤は物理的に紫外線を跳ね返す鉱物由来の成分で、紫外線吸収剤と比べ肌に優しいとされています。

・お勧めは紫外線散乱剤

敏感肌の方には肌に優しい紫外線散乱剤がオススメです。紫外線散乱剤としてよく知られているのは、酸化亜鉛や酸化チタンです。また、紫外線散乱剤のみ配合された日焼け止めには、「ノンケミカル」や「紫外線吸収剤不使用」と言った文言が書かれていますので、こちらの表記を参考に日焼け止めを選ばれると良いですね。

 

使用目的にあった日焼け止めを選べば更にお肌に優しいUVケアが可能!

 

敏感肌さんのUVケアのポイント

クレンジングはメイクや日焼け止めを使用した場合、欠かす事ができないケアですが、必要以上に紫外線防止効果の高い日焼け止めを使用して、オイルクレンジングなどの洗浄力の高いクレンジング剤を使って洗顔をしてしまうと、どうしても肌に負担がかかってしまいます。

日常生活であればSPF30くらいの日焼け止めで十分UVケアができますし、その程度の日焼け止めなら水系や乳液タイプのクレンジング剤できれいに落とすことが可能ですので、お肌への負担も比較的かかりません。

レジャーに出かける際には紫外線防止効果の高いUVケア製品、日常生活では比較的弱い紫外線防止効果のUVケア製品と言うようにシーン別にUVケア製品を使い分けることで、お肌への負担を軽くすることができます。

敏感肌さんのUVケアのポイント

いかがでしたか?日焼け止めに配合されている紫外線防止剤は、製品のパッケージなどに記載されている「全成分表示」を読めばすぐに確認することができます。ご自身のお肌に合った日焼け止めを選んで、肌に優しいUVケアをしてあげましょう。

 

参考文献

日本化粧品検定1級対策テキストコスメの教科書 小西さやか著 発行所;(株)会社主婦の友社

日経ヘルス 2016年10月号 発行所;日経BP社

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

シミウスの効果と口コミ

シミウスの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る