しみを消す方法


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

しみを消す方法

しみを消す方法について色々と調べていらっしゃる方は多いかと思います。できるだけ効果的で、即効性のあるしみを消す方法を実践していきたいですよね。そこで今日は、しみに悩まれている方の多くの方が当てはまる老人性色素斑と呼ばれるタイプのしみの消し方について、おすすめのスキンケアと食べ物についてそれぞれご紹介していきます。

 

しみを消す方法 スキンケア編

しみを消す方法

・まずは紫外線カット

しみのもとであるメラニン色素は紫外線の刺激によって作られ始めますし、肌の老化の80%が紫外線による元といわれていますので、紫外線対策は必須です。日常生活でしたらSPFは20~40程度のもので十分ですので、と外出時には毎回つけることを習慣づけましょう。

・美白化粧品は一年中使う

美白化粧品は紫外線の強い夏だけ使用すれば良いと考えていらっしゃる方が多いのですが、実は紫外線量は冬になっても大きく減少するわけではありません。UV-Aは真夏と比べても半分程度までにしか下がらず、引き続き注意が必要なのです。また、新雪などは紫外線の反射率も80%程度ありますので、気を抜いてはいけません。冬はどうしても保湿効果に重点を置いたスキンケアになると思いますが、その中に美白美容液などを1つ取り入れることをオススメします。

・美白と同じくらい保湿が大切

肌が乾燥すると、バリア機能の低下を引き起こし、結果として紫外線の影響を受けやすくなり、シミができる要因となります。潤った肌でなければ美白化粧品もしっかりと吸収することができませんので、保湿は念入りに行うようにしましょう。

 

しみを消す方法 食べ物編

しみを消す方法

・ビタミンACE(エース)でしみを撃退!

しみの元であるメラニン色素が作られる際には、肌内部で活性酸素が発生します。活性酸素は、メラニン色素の生成を指示したり、自らメラニンの生成に関与したりする厄介な存在です。しみを防ぎ、出来てしまったしみを消すために、抗酸化作用の高いビタミンA、ビタミンC、ビタミンEをたっぷりと取るようにしましょう。特にこれらを含む緑黄色野菜(かぼちゃ、ピーマン、ほうれんそう、人参など)はオススメです。また、トマトなどに多く含まれるリコピンや、鮭などに含まれるアスタキサンチンも抗酸化作用が高くオススメです。

しみを消す方法

いかがでしたか?しみを消すためには、夏だけでなく、年中ケアを怠らないことが重要です。できるところから1つずつでかまいませんので、日々の習慣に取り入れてみてください。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

コンシダーマルの効果と口コミ

コンシダーマルの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る