シミのレーザー治療、色素沈着で悩まないために


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

美を求める女性の永遠のテーマ、美白。

美白ケア化粧品の技術も年々高まり、美白成分の内容も充実してきてはいるものの、年齢と共にどうにも手ごたえを感じられなくなってきたり、手っ取り早く綺麗になりたい・・・などの理由からレーザー治療を受けようと思われる方も少なくないでしょう。たしかにレーザー治療は化粧品で美白ケアしていくよりも、スピーディーな効果を得られやすいかもしれません。

1日でも早く、白く綺麗な肌に生まれ変われたら嬉しいですものね・・・

 

◆シミの種類によって適した治療がある

美白のためのレーザー治療と言っても、メラニンが皮膚の表皮内にできたようなシミ、そばかす、ケガやにきび跡の炎症によって残ってしまったような炎症後色素沈着や、老人性色素斑(日光黒子)などはレーザー治療などで緩和することもあるかもしれませんが、施術後は赤ちゃんの肌と同じくらい敏感になっているため、皮膚が丈夫になるまでに時間がかかります。色素沈着を軽減させるためには施術後のアフターケアも大切という意識を持っておくと良いでしょう。
また、20代以降に現れ始める黒や灰色・青っぽいアザのような後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)や、年齢的なものや妊娠によって起こるホルモンのバランスの変化によって出来てしまった肝斑は非常によく似ており、また究明も難しく、表皮内ではなく真皮内にできるため、一般的なシミとは別モノと考えておきましょう。したがって、経験値の浅いサロンスタッフや医師では判別も難しいということを知っておくと良いでしょう。

◆肝斑の特徴

肝斑というのは、30代~40代の年齢の女性に最も多く生じる色素沈着で、左右対象に現れるものがほとんどですが、主に頬骨やこめかみの辺りにモヤッと出てきたり、あるいは蝶が羽をひろげたような広範囲な感じだったり、中には左右対称ではない肝斑もありますし、額や口の周りにも肝斑が出てしまう方もいらっしゃいます。美白系の化粧品を使ってもなかなか治らなかったり、かえって広がってしまったといった場合は肝斑を疑ってみたほうがよいでしょう。

◆治療の種類

shutterstock_183043133

一般的なシミ(そばかす、炎症後色素沈着、老人性色素斑)などであれば、レーザー系の治療がよく用いられますが、通常は複数のシミと肝斑が重なっていることもあります。肝斑であれば一般的なシミ治療を行ってしまうとかえって色素沈着がひどくなるので、効果の高い低出力のレーザートーニングなどで治療を行うクリニックも多くあります。ただし、実際に肝斑の治療を行っている方の中には後天性真皮メラノサイトーシスだった!・・・というようなことが高確率で見受けられ、治療トラブルも増えておりますので、信頼できる専門医の判断をあおぎながら、長い目で治療をすすめていくことをオススメします。

 

◆クリニックの賢い選び方

shutterstock_220419091

皮膚科や、シミや肝斑の専門クリニックで症例が多いところなどが安心ですが、いちばんは経験豊富な医師のもとで治療を受けることです。シミや肝斑を消すための機械は有能ではありますが完璧ではありません。医療薬やサプリなどといった機械以外の部分でアフターケアを行うことも考えられるため、シミの種類を的確に特定出来るような専門医の経験値がものを言うシーンが必ず出てくると思います。
ネットなどで口コミを参考にしながら選んだり、電話予約の際に問い合わせてみたり、カウンセリングではたとえ小さな疑問でも、遠慮せずに納得いくまできちんと質問や確認をして、不安要素を解消するようにしましょう。誤った判断を受けると、かえって治療が難しくなってしまったり、肝斑などは色素沈着がひどくなってしまうケースも少なくありませんので、あなたが心おきなく信頼を寄せられる医師に出逢えるということと、アフターケアもしっかり行っていくことで、シミに関する治療のトラブルや不安も和らぐと思いますよ。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ページ上部へ戻る