ニキビ跡の赤みにオロナインが効く? そのウワサの真相とは?


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

日々のスキンケアやニキビケア、毎日行うものだからできるだけ手軽にすませたい。お気に入りのスキンケアで毎日お手入れしているのに、残念ながら表れてしまった赤いニキビ跡が気になって仕方ない!いますぐどうにかならないものか? という美肌ガールの間で秘かに話題になっているあの薬・・・「オロナイン」についてウワサの真相に迫りたいと思います。

 

◆誰でも手軽に買えるもの

自力でニキビ跡を綺麗に治すことは比較的むずかしいと言われがちですが、それでも口コミのパワーってやっぱり絶大。もしかしたらあのウワサは本当かもしれないし、皮膚科に通院したり、わざわざクリニックを選んでレーザー治療したりとなると、時間とお金がかかってしまう、どうにかならない? と言うことで脚光をあびたであろう「オロナイン」。薬局で手軽なお値段で買えてしまうんですものね。たとえば「駅前の薬局にちょっと寄ってこようかな~」なんていう手ごろさがトライしやすいのかもしれません。

 

◆オロナインの効能

shutterstock_153412283

気になるオロナインの効能についてですが、その前に、仮にどんな万能薬であったとしても個人差によって効能はまちまちとなるように、オロナインもまた同様だということをお忘れなく。たしかに実際に使用してみた人の中には、オロナインを塗ったからニキビ跡が消えたのかもしれない・・・という感触をお持ちの方もいるようですが、反対にまったく消えない!という方もいるようです。

これはどうしてなのでしょうか?

そもそもオロナインに皮膚疾患という表記はあるものの、基本的には外傷を緩和させる薬なので、厳密にはオロナインはニキビ治療薬ではありません。ただし初期の白ニキビには適応する場合もあるようです。従って赤いニキビ跡というのは初期のニキビに当てはまらないということがお分かりいただけるかと思いますが、この赤いニキビ跡というのは、乾燥しがちなニキビ肌で生じがちな症状で、実はオロナインは肌の乾燥を防ぐという効能もあるらしいのです。なので、ニキビが完治していない状態のところにオロナインを塗ることで保湿効果による回復への期待を抱く方がいてもおかしくないでしょう。また、ニキビによる化膿を和らげる殺菌作用も期待できるため、ニキビ跡が赤くなるのをなるべく防いでくれる要素がありそう・・・ということで希望がふくらんだのかもしれませんね。

 

◆赤みや色素沈着を和らげるためのアフターケアー

1)保湿力

オロナインの効能で保湿力という言葉が出てきたように、肌の回復力をあげていくためにも、保湿を心掛けることは大切です。それには毎日の水分補給(体全体の免疫力を促しやすいように、冷水より常温水や暖かい白湯などをオススメします)はもちろん、スキンケアでは乳液でもいいのですが、出来れば保湿クリームを積極的に使っていきましょう。洗顔後は数分で表皮の水分が体温で蒸発してしまうので、即座に化粧水をコットンにふくませ(素手で化粧水を顔に塗ると手に水分が吸収されてしまうため、コットンがベター)、表皮を潤わせます。そしてすかさず乳液や保湿クリームで表皮にベールを覆うイメージで優しく塗っておくだけで肌の保湿力がアップしやすくなるでしょう。

 

2)紫外線ケア

もはや紫外線ケアは年中行っていらっしゃる方も少なくないと思いますが、ニキビ跡の赤みにおいて注意しておきたいのが、もしも赤いニキビ跡の部分が日焼けしてしまった場合、肌が色素沈着を起こして黒ずんでしまい、シミやそばかすの原因を引き起こしてしまうことがあるということ。なので紫外線ケアも毎日心掛けていく必要があるんですね。

 

3)ターンオーバー

お肌が生まれ変わることをターンオーバーと言います。この力を促進させるために最低限必要な栄養素が2つ、1つはたんぱく質(できれば大豆などの植物性たんぱく質が好ましい)、そしてもう1つはビタミンC(緑黄色野菜や果物)になります。さらに体内の老化スピードを速めるとされている糖質を抑えた抗糖化の食生活(懐石食べの順番で食べたり、主食を白から茶色の食べ物に変えることがポイント)を心掛けていくことで、ターンオーバー力を促していきます。

shutterstock_294673511

いかがでしたでしょうか?

手っ取り早く試せるオロナインを選ぶより、日々のスキンケアや体内ケアを心掛けていくことは、遠回りに見えて美肌への近道なのかもしれませんね。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

ボツボツ毛穴とはサヨナラ!

肌ナチュールの効果と口コミ

肌ナチュールの効果を口コミから検証!果たして毛穴は消えるのか!?

ページ上部へ戻る