そばかすは日本人には少ない?☆そばかすとシミの違い


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

あなたはそばかすとシミの違いを知っていますか?日本人はそばかすがある人は少ないと言われていますが本当でしょうか?

 

そばかすとシミの違い

そばかすとシミはどう違うのか、知っていますか?

そばかす

そばかすの正式名称は「雀卵斑(じゃくらんはん)」といい、遺伝性のものがほとんどです。幼少期に発生し、通常のシミより小さく5ミリ以下の色素斑になります。特徴としては、思春期に目立つようになり、鼻の周りや頬に出やすいものです。

遺伝的なものが多いため、親兄弟もそばかすがある場合が多いようです。紫外線に対する防御機能が強いので、色白の人に多い傾向にあります。

そのため、そばかすがある人は欧米系の白色人種の人に多く、日本人は黄色人種のため、そばかすが少ないと言われてます。

shutterstock_356270441

シミ

30代を過ぎた女性にあらわれやすく、後天的の色素沈着が主な原因です。

メラニン色素が増えた状態で、ニキビ跡などの炎症からできる炎症後の色素沈着、ホルモンバランスの乱れによる肝斑(かんぱん)、紫外線によるダメージの蓄積や加齢など、老化現象のひとつである老人性色素斑などが代表的なシミと呼ばれるものにあたります。

 

そばかす対策は?

そばかすは遺伝的な要素も強いため、クリニックなどでの治療が必要なケースが多いようです。しかし、これ以上濃くしない対策は可能です。そばかすもシミもメラニン色素が原因です。そばかす対策はシミ対策にもつながります。

 

1.紫外線を防ぐ

日焼け止めを塗り、日傘や帽子なども活用して、紫外線からお肌を守りましょう。紫外線を浴びることで、そばかすが濃くなってしまいますので、こまめに日焼け止めを塗り直すなどの対策が大切です。

 

2.ビタミン類を多く摂取する

shutterstock_267181289

そばかす対策として、ビタミンを接種することは重要です。特にビタミンCは抗酸化作用があり、メラニンの定着を防ぐ効果があります。また、ビタミンEは新陳代謝を促し、肌のターンオーバーに効果があります。ビタミンAは活性酸素を除去し、お肌の老化を防ぐと言われています。

外食などが多く、食べ物からの摂取が難しい場合は、ビタミンのサプリなども活用しながら、ビタミンを摂取するようにしましょう。

 

3.お肌を刺激しない

刺激により、メラニン色素が増加することがあります。そのため、洗顔の際にもマッサージしすぎたり、タオルでゴシゴシこするとメラニン色素が増加するリスクがあるだけでなく、必要な角質まで落としてしまいます。熱いお湯もあまりよくありませんので、ぬるま湯で洗顔するようにしましょう。

 

いかがですか?そばかす対策はシミ対策としても効果があります。予防さえしっかりすれば、加齢によるシミの増加も抑えることができるので、しっかり予防、対策をしていきましょう。

特に、お風呂上がり後のアフターケアは、シミ対策専用ジェルで行うのが一番。シミに悩まされる未来から抜け出しましょう。

>>シミ対策、予防唯一のオールインワンジェル<<

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

シミウスの効果と口コミ

シミウスの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る