日焼け止めの「PA」と「SPA」の表示、あなたは本当に理解していますか?


→ 【必見】頑固なシミを消した裏ワザ♪

日焼け止めの表示をみると、「SPF」や「PA」と記載があります。あなたは、「SPF」や「PA」の意味や違いをしっていますか?あるいは、日焼け止めを購入する際に、SPFは気にしても、PA表示についても意識して購入していますか?

今回は、日焼け止めの「SPF」や「PA」についてお伝えします。

 

紫外線の種類

紫外線にはいくつかの種類がありますが、その中でも日焼け止めが効果を発揮するものについてご紹介します。

・紫外線A波(UVA)

紫外線A波は肌の奥深くまで到達してしまい、内部に活性酸素を作りだし、シワやたるみの原因となります。活性酸素が、DNAを傷つけたり、コラーゲンやエラスチンも破壊してしまうためです。窓ガラスなども透過してしまうので、室内にいる時でも対策が必要です。

・紫外線B波(UVB)

紫外線B波は肌表面が赤くなる炎症を引き起こし、シミやそばかすの原因となっていきます。肌表面に発生した活性酸素は、メラニン色素をつくり、色素沈着を起こします。

 

日焼け止め-PA表示のポイント

日焼け止めを購入する際、SPFについては気をつけているけれど、PAについてはあまり気にしていなかった、という人も多いのではないでしょうか? シワやたるみなど、お肌の老化を気にする方は、PAの値の方が重要です。 PAは、「Protection Grade of UVA」の略になります。UVA(紫外線A波)の防止効果を表す数値で、次のように4段階に分かれ、「+」が多い方が効果が高くなります。

PA++++    極めて効果が高い

PA+++    非常に効果が高い

PA++    かなり効果がある

PA+    効果がある

shutterstock_81137776

 

日焼け止めのSPF

あわせて、SPFについても確認しておきましょう。 SPFは、「Sun Protection Factor」の略になります。UVB(紫外線B波)の防止効果を表す数値で、数字が大きいほど効果が高くなります。紫外線があたって日焼けするまで、通常20分と言われています。SPF20であれば、日焼けを20倍遅らせることができます。

ただし、こすったり、汗で日焼け止めが落ちてしまうと、SPFが高くても、日焼けしやすくなり、最悪の場合はムラ焼けしてしまいます。美肌を保ちたいのであれば、こまめに塗り直すことが重要です。

 

日焼け止めを購入する際は、SPFだけでなく、PAにも注意をして選ぶといいですね。

shutterstock_201532055

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

もうシミで悩む必要はありません!

コンシダーマルの効果と口コミ

コンシダーマルの効果を口コミから検証!果たしてシミは消えるのか!?

ページ上部へ戻る